他人の不幸は蜜の味? 「他人の得や成功に、怒りや嫉妬を覚える」Z世代&25~29歳で5割に達する【ビッグローブ調べ】

人付き合いも「できればオンラインで済ませたい」、Z世代では8割近く。

ビッグローブは、若年層を対象とした意識調査の結果を発表した。全国の18歳~69歳の男女1,000人(18歳~24歳のZ世代350人を含む)が回答している。

閉じこもるZ世代、「人と対面で会うのが好きではない」5割以上に

まず「“オンラインで済むものはオンラインで済ませたい”という考えがあてはまるか」と聞くと、「あてはまる/ややあてはまる」はZ世代で76.9%。50代の76.0%がそれに続いたが、60代になると大きく減り53.0%と世代別で最低だったが、それでも半数を超える。

「“人と対面で会うのが好きではない”という考えがあてはまるか」と聞くと、「あてはまる/ややあてはまる」はZ世代で54.0%と過半数だが、年代が上がるにつれて減少する。

さらに「“他人が得をすることや成功することに、怒りや嫉妬を覚える”という考えがあてはまるか」と聞くと、「あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合が一番高かったのは25~29歳で50.4%、次いでZ世代が50.0%。30代以降は年代が上がるにつれて減少し、60代では25.0%まで下がる。

そして「“寂しさや孤独を感じることがある”という考えがあてはまるか」では、「あてはまる/ややあてはまる」はZ世代の63.1%が最多。30代まで上昇するが40代から大きく低下し、60代では34.0%にとどまる。ネット普及などで孤独を感じる高齢者は意外と減ったのかもしれない。

調査概要

  • 【調査対象】全国の18歳~69歳の男女1,000人
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2023年9月12日~14日
  • 【有効回答数】
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]