Z世代の8割弱が「男性も育休を取るべき」と回答、一方で職場理解への不安も【BIGLOBE調べ】

Z世代の6割以上が「子どもが生まれても父母ともに仕事をしたい」、8割弱が「男性も育休を取得するべき」との結果に。

BIGLOBEは、全国の18歳から25歳までの男女500人を対象に、「Z世代の仕事と育児に関する意識調査」を実施した。

Z世代の6割以上が「子どもが生まれても父母ともに仕事をしたい」

将来、子どもが生まれても父母ともに仕事をしたいか

まず、「将来、子どもが生まれても父母ともに仕事をしたいか」を聞いたところ、「あてはまる」が29.5%、「ややあてはまる」が32.1%となった。Z世代の6割以上が、出産後も仕事を続けたいと考えている。

「男性も育休を取るべき」「職場理解が不安」ともに8割弱

男性も育児休暇を取得すべきか

「産後パパ育休(出生時育児休業)が10月1日から施行されるが、男性も育休を取得すべきか」を聞いたところ、「あてはまる」が35.4%、「ややあてはまる」が40.2%という結果となった。

男性も育児をするのは当たり前だと思うか

また、「男性も育児をするのは当たり前だと思うか」を質問したところ、「あてはまる」が39.2%、「ややあてはまる」が39.8%となり、Z世代の約8割が男性の育休に対し前向きであることが明らかになった。

育児休暇制度について

続いて「妊娠・出産・育児をしやすい環境が整えば少子化対策になると思うか」を聞くと、合計して78.6%が「あてはまる」と回答。一方で、「男性の育休に対し、職場の理解が不安か」については、合計して75.8%が「あてはまる」と答えた。

Z世代の8割弱が、出産・育児をしやすい環境づくりに対し、期待と不安を持ち合わせていることが見てとれる。

仕事観について

Z世代の仕事観について、「仕事よりも大切なものがあるか」という質問では、合計して73.6%が「あてはまる」と回答。また、「他人からの評価が気になる」については、合計して62.2%が「あてはまる」という結果となった。

調査概要

  • 【調査対象】全国の18歳から25歳までの男女500人
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査期間】2022年8月19日~8月23日
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]