いまだ根強い「就職差別」、SNSアカウントを調査された人は何パーセントぐらい?【連合調べ】

採用選考過程で「不適切だと思う質問や発言をされた」人は19.5%。

日本労働組合総連合会(連合)は、「就職差別」に関する調査結果を発表した。最近3年以内に就職のための採用試験(新卒採用試験、または中途採用試験)を受けた、全国の15歳~29歳の男女1,000人が回答している。前回の調査は2019年に実施。

出生地、家族、生活環境、人生観、宗教、政治信条などはそもそも質問不可

採用選考にあたっては、「応募者の人権を尊重する」「応募者の適性や能力のみを基準として行う」のが原則であり、関係ないことを質問したり採用基準にしたりすることは、就職差別につながるおそれがある。そのため「職業相談票(乙)」「全国高等学校統一用紙」「厚生労働省履歴書様式例」などが用意されているが、大卒者の54.4%が「会社独自の履歴書を提出するように求められた」と回答した(前回62.6%)。

また全回答者では「戸籍謄本(抄本)本の提出」30.8%、「健康診断書の提出や応募した会社が手配した健康診断の受診」52.0%を求められること多い。これらは場合によって職業安定法で違法となる。

全回答者に、「応募書類やエントリーシート(インターネットの応募画面での入力を含む)で記入を求められた内容」を聞くと、「性別」80.5%が特に多く、「本籍地や出生地に関すること」43.6%、「家族に関すること(職業、続柄、健康、病歴、地位、学歴、収入、資産など)」37.2%、「生活環境・家庭環境などに関すること」24.8%、「人生観、生活信条に関すること」20.4%、「労働組合に関する情報(加入状況や活動歴など)、学生運動など社会運動に関すること」18.9%、「思想に関すること」16.6%などが上位だった。

またいずれの内容も最終学歴が中学校卒業の回答者ほど、記入を求められた割合が高かった。これらの内容も「性別」以外は採用活動時に収集してはならない情報とされている。

同様に「採用試験の面接で質問されたことがあるもの」では、「転勤ができるかどうか」43.3%、「残業や休日出勤ができるかどうか」42.8%、「家族に関すること」37.7%、「性別」28.6%、「本籍地や出生地に関すること」28.3%などが上位。「結婚の予定」「思想」「性的指向」などが聞かれているケースも多い。

実際に不適切な質問・発言を受けたことがある人は約2割

具体的に「採用試験の面接で、不適切だと思う質問や発言をされた」という人は19.5%。特に女性で「女性だからどうせ辞める」「恋人はいる?」「かわいいね」といった発言を受けた人が多かった。またコロナ感染歴などを理由とした不快な発言も、近年では見られるようだ。

業種では「医療、福祉」14.9%がもっとも高く、「サービス業(他に分類されないもの)」13.8%、「建設業」13.3%、「情報通信業」10.3%などが上位だった。

「応募書類・エントリーシートの提出や採用面接において、知られたくないあるいは企業に示す必要がないと思うこと」では、「他社の選考状況」37.7%が特に高く、「趣味・特技」18.0%、「顔写真」16.2%がそれに続いた。女性は「他社の選考状況」43.2%が全体より高い。

近年、求職者個人の匿名のSNSアカウントを調査する、いわゆる「SNS裏アカ調査」が行われるケースも多いが、新たな就職差別につながる可能性もある。そこで「採用選考過程において、企業からSNSアカウントを調査する旨の通知を受けたことがあるか」を聞くと、「ある」は11.7%存在した。

実際に「企業からSNSアカウントを調査されたことがあるか」は「ある」10.7%。さらに「企業からSNSアカウントを調査する旨の通知を受けたことがあるか」は、「ある」65.8%と大きく上昇。通知した上であれば調査は問題ないとしている企業が多いようだ。

調査概要

  • 【調査対象】最近3年以内に就職のための採用試験(新卒採用試験、または中途採用試験)を受けた、全国の15歳~29歳の男女
  • 【調査方法】インターネット調査(実施機関:ネットエイジア)
  • 【調査時期】2023年4月1日~4日
  • 【有効回答数】1,000サンプル(男性491s、女性498s、その他11s)(中学校31s、高等学校214s、専門学校・短期大学161s、四年制大学・大学院588s、その他6s)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]