Criteoが「レコメンデーションメッセージ for LINE公式アカウント」のβ版展開決定

高度にパーソナライズしたメッセージの配信が可能、Criteoの購買データとAI技術活用

広告プラットフォーム事業のフランスCriteo(クリテオ)は、LINEのコミュニケーションツール「LINE」の「LINE公式アカウント」を活用する企業・ブランド向けソリューション「レコメンデーションメッセージ for LINE公式アカウント Powered by CRITEO」のβ版の展開を決めた、と5月31日発表した。高度にパーソナライズしたメッセージの配信をLINEで可能にする。

LINE公式アカウントを利用する企業・ブランドは、LINE公式アカウントを「友だち」追加したユーザーの維持が課題になっているが、このソリューションで解決につなげられる。Criteoの膨大な購買データとAI(人工知能)技術を活用してユーザーの興味・関心を分析。最適にパーソナライズしたメッセージを配信することでコンバージョン(最終成果)を向上させられる。

このソリューションは、LINEの法人向けサービスを販売する広告代理店の認定・表彰プログラム「LINE Biz Partner Program」のTechnology Partnerになっているインターネット広告事業のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)、デジタルマーケティング事業の電通デジタル、マーケティングツール開発・販売のMicoworksの3社と協業。3社が販売する。

サービスの概要
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]