時間やお金をかけていいもの1位は全世代「趣味・娯楽」、2位以下はZ世代とそれ以上世代に違いあり【ビッグローブ調べ】

タイパ・コスパを重視しているZ世代は半数超え。

ビッグローブ(BIGLOBE)は、「Z世代のタイパ・コスパ・サブスクに対する意識調査」の結果を発表した。全国の18歳~25歳の男女500人、比較対象としてZ世代より上の26歳~59歳の男女500人がアンケートに回答している。

この調査では、「タイパ(タイムパフォーマンス)」はかけた時間に対する満足度、「コスパ(コストパフォーマンス)」はかけた費用に対する満足度、「サブスク(サブスクリプション)」は定額料金で利用するコンテンツやサービスと定義している。

“インターネット関連=お金をかけずに楽しめる”

まずZ世代(18歳~25歳)500人に「日常生活でタイパ・コスパを意識しているか」と聞くと、「意識している+やや意識している」は、「タイパ」56.2%、「コスパ」69.2%だった。

「現在登録しているサブスク(の種類)」を聞くと、「動画」49.0%、「音楽」31.4%が特に多い。「特になし」36.4%も多いが、Z世代以上だと59.6%にまで達しており、Z世代はサブスク活用が目立つ。

サブスクを登録しているZ世代318人、その他世代202人に「サブスクの月額金額」を聞くと、「1,000円未満」が一番多く、Z世代では36.2%、その他世代では48.5%となり、やはりZ世代のほうがサブスクにお金をかけている。

「動画配信サービスのサブスク」に絞り、利用しているZ世代245人に「サービスを利用している理由」を聞くと、「好きな時間に見られるから」が最も多く「あてはまる+ややあてはまる」が91.0%に達した。

Z世代とその他世代を比較するために、「時間をかけてもいいと思うもの」と「お金をかけてもいいもの」をそれぞれ聞くと、いずれも「趣味・娯楽」が最多。Z世代では「食事」「勉強」「健康」が高いが、その他世代は高齢の影響か「健康」が高い傾向が見られた。

最後に「日常生活でお金をかけずに楽しんでいるもの」を聞くと、「ある」と回答したZ世代211人、その他世代185人いずれも「趣味・娯楽」が最多だったが、Z世代の2位は「SNS」38.9%、その他世代の2位は「健康(散歩やランニング、家でストレッチなど)」43.8%だった。“インターネット関連=お金をかけずに楽しめる”という受け取りが強いようだ。

調査概要

  • 【調査対象】全国の18歳から25歳までの男女(比較対象として、26歳から59歳までの男女)
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2023年2月7日~9日
  • 【有効回答数】1,000人(全国の18歳から25歳までの男女500人、26歳から59歳までの男女500人)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SLA
サービスをどの程度の品質で提供するのかを定めた契約のこと。 主にASPやS ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]