睡眠時間、平均は「6.4時間」 理想は「あと1時間寝たい」【クロス・マーケティング調べ】

寝つきや寝起きがよくても、約6割の人が「日中眠くなる」と回答。

クロス・マーケティングは、20~69歳の男女2,500人を対象に「睡眠に関する調査(2023年)」を実施した。睡眠時間や睡眠の質、悩みなどについて聞いている。

睡眠時間足りてる? 理想と現実の間に1時間のギャップ

睡眠時間の充足度/現実と理想の1日の睡眠時間

まず、平日と休日を合わせた睡眠時間の充足度を聞くと、合計で51%の人が「足りている」と回答した。年代別にみると、「足りている」が最も多いのは60代、最も少ないのは40代となった。また、1日の睡眠時間の平均は6.4時間であったが、理想の睡眠時間は平均7.4時間となり、1時間のギャップがあることがわかった。

睡眠の状態/睡眠に関する悩み

続いて、現在の睡眠状態の詳細を聞いたところ、「寝るタイミングは規則的」「寝つきがよい」「寝起きがよい」が比較的多かった一方で、「日中眠くなる」という人は59%を占める結果となった。

睡眠に関する悩みごととしては、男性は「いびき」「のどが渇く」「歯ぎしり」、女性は「いびき」「手足・身体の冷え/手足のしびれ」「少しの物音や光ですぐに目が覚める」が上位に。男女とも「いびき」の悩みが多く、特に男性50・60代、女性50代では3割を超えた。

悩みごとが原因で眠れないことがあるか/眠りを妨げる悩みごと

悩みごとが原因で眠れないことがあるかを聞くと、合計して74%の人が「ある」と回答。男性よりも女性のほうが高い傾向で、特に女性40代では84%を占めた。眠りを妨げる悩みごととしては、男性は「お金・収入・貯金」「人間関係」「学校や仕事」、女性は「人間関係」「お金・収入・貯金」「家族」の順となった。

調査概要

  • 【調査手法】インターネットリサーチ
  • 【調査対象】全国47都道府県の20~69歳の男女
  • 【調査期間】2023年3月1日(水)、2022年1月1日(土)
  • 【有効回答数】2023年:2,500サンプル 2022年:2,000サンプル
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]