ネットで楽しむコンテンツ、コロナ禍が落ち着き「頻度も金額も減った」人が多数【クロスM調べ】

「外出時間が増えてネットの利用時間が減った」ことが最大の理由か。

クロス・マーケティングは、「オンラインでのエンタメコンテンツの利用変化(2023年)」に関する調査結果を発表した。コロナ禍のときと比べて利用頻度が減ったオンラインサービス、利用金額が減ったオンラインサービスなどについて、全国20歳~69歳男女1,100人が回答している。

エンタメコンテンツは頻度も金額も「減った」

まず「コロナ禍のときに利用したことがあるオンラインサービス」を聞くと、「事前に収録された動画やラジオの視聴・配信」37.4%が最多で、「リアルタイムで配信している動画やラジオの視聴・配信」27.4%、「スマホ用のアプリゲーム」26.8%がそれに続く。

コロナ禍で利用したことがあるオンラインサービス

利用頻度・利用金額の変化で見ると、「アーティストやタレントのライブ・イベント鑑賞」について、利用頻度が減ったとする人が多く、20.9%に達した(増えたは8.6%)。逆に「SNSでのコミュニケーション」は、利用頻度が増加したとした人が、減少したという人を上回った(増加:13.5%、減少:11.1%)。一方、すべての項目で、利用金額は減少を見せた。

コロナ禍と比べたときの利用頻度・利用金額の変化

自由回答をみると、外出が増えネットの利用時間が減ったこと、リアルイベントが再開したことなどが、オンラインエンタメの利用頻度・利用金額が減少した理由と推察されている。

調査概要

  • 【調査対象】全国47都道府県の20~69歳の男女
  • 【調査方法】インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
  • 【調査時期】2023年6月23日~25日
  • 【有効回答数】1,100サンプル
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]