個人情報漏えい、10年間で日本の人口とほぼ同じ人数分が上場企業から流出・紛失【東京商工リサーチ調べ】

2021年の漏えい・紛失事故は137件、漏えいした個人情報は574万9,773人分で過去最悪を更新。

東京商工リサーチは、2021年における個人情報漏えい・紛失事故の集計結果を発表した。上場企業およびその子会社で個人情報の漏えい・紛失事故を公表したのは120社・137件、漏えいした個人情報は574万9,773人分だった。これは調査を開始した2012年以降で、いずれも最多記録だという。

・関連記事

「ウイルス感染・不正アクセス」による漏えいが半分を占める

2012年~2021年での累計は496社・925件で、全上場企業(約3,800社)の1割以上を占めている。漏えい・紛失した可能性のある個人情報は累計1億1,979万人分に達したが、日本の総人口は1億2,534万人でほぼそれに相当する数字となっている(総務省統計局の発表による。2022年2月1日現在)。

2021年の対象企業120社・137件のうち、サイバー攻撃による「ウイルス感染・不正アクセス」を原因とする事故は66社・68件で、ほぼ半分を占めている。また1事故あたりの情報漏えい・紛失件数の平均は、「ウイルス感染・不正アクセス」が11万745件と突出しており、「紛失・誤廃棄」などの数倍だという。

情報漏えい・紛失件数で見ると、1万件以上流出の事故は25件。100万件以上流出の大型事故は2件で、「ネットマーケティング」171万1,756件、「ANAホールディングス」100万件だった。

調査概要

  • 【調査対象】上場企業およびその子会社
  • 【調査方法】情報漏えい・紛失事故をプレスリリース・お知らせ・お詫びなど、自主的な開示に基づいて発表日ベースで独自集計。「漏えいの可能性がある」「件数不明・調査中」もカウント。
  • 【調査時期】2012年1月~2021年12月
  • 【個人情報の範囲】氏名、住所、電話番号、年齢、性別、メールアドレス、ログインIDなど。
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]