「au PAYアプリ」で「Suica」の発行やチャージが可能に、チャージでPontaポイント

KDDIとJR東日本が「au PAYアプリ」と「モバイルSuica」連携、「Android 6.0」以上

KDDIとJR東日本は、スマートフォンでキャッシュレス決済する「au PAYアプリ」(Android版)とIC乗車カード「Suica」をアプリ化した「モバイルSuica」の連携を3月22日から始めた、と同日発表した。au PAYアプリからSuicaの新規発行やチャージが可能になり、共通ポイントサービスの「Pontaポイント」がたまる(200円で1ポイント)。

Pontaポイントは、au PAY残高を経由してSuicaにチャージできる。au PAYとSuicaの連携で、au PAYは買い物だけでなく電車・バスなど交通機関の支払いに利用でき、Suica残高や利用履歴の確認もできる。対応機種は「Android 6.0」以上で非接触型の少額決済サービス「おサイフケータイ」機能が搭載されたAndroid端末。

au PAYは、会員数が約2830万で、481万カ所のポイント・決済加盟店で利用可能。実店舗でのQRやバーコード決済、請求書払い、ネットショッピングのオンライン決済に対応する。Suica、は自動改札機にタッチするだけで通過でき、全国10の交通系ICカードとの相互利用が可能。モバイルSuicaは定期券やSuicaグリーン券をスマホで購入できる。

アプリホーム
Suicaチャージ
利用履歴
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クチコミ
情報が人から人へと口伝えにつたわること。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]