50代「ベテラン社員」を下の世代やマネージャーはどう見ている? 職場のセキララな感情を調査【ジェイフィール調べ】

20~40代の営業系一般社員は、ベテラン社員に対し厳しい見方。一方R&D系マネージャーは活躍やコミュ力を評価。
よろしければこちらもご覧ください

ジェイフィールは、「ベテラン社員(50代社員)」について、職場の状況、本人が考える働きがいやキャリアプランなどを調査した結果を発表した。20代~60代以上の会社員660人にアンケートを行っている。

会社への貢献度・周囲への影響度を、下世代の一般社員やマネージャーが判定

まず「効力感(日々、働きがい)を感じて働けているか」と全体に聞くと、ベテラン社員は低かったが、20代~40代社員も低いことが明らかとなった。ただし、マネージャー、人事部、経営層などの役職付は高い。

「働きがいの要因」を聞いても、ベテラン社員、およびその予備軍の40代は、全体に比較して低調だ。責任ある仕事を任されなくなり成長も少なく、働きがいが低下していることがわかる。

「この先3~5年後のキャリアプラン」およびその「具体的な内容」を聞いても、非役職の40代・50代は、あまり考えていない。今後のキャリアプランを考えている人でも、約半数が「今の業務を続ける」という消極的な姿勢が中心だ。ただし、早期退職後・定年退職後に他社へ転職するという人も、一定数存在する。

「あなたにとってイキイキと働けて活躍できると思う要因」を聞くと、やはり「仕事に見合った報酬」が高い傾向にあった。経営層は「誇りややりがいが持てる」という回答が高い。一方、20代・40代で約2割が「活躍を望んでいない」と回答している。

そして最後に「50代社員に対してどう感じているか」を、会社への貢献度・周囲への影響度といった観点から20~40代社員やマネージャー層に聞くと、特に営業系一般社員がベテラン社員に対し厳しい見方をしていた。「ポジションに見合ったスキル・知識を保有している」は48.8%ながら全職種のなかで最も低い。また「やる気をもって仕事に取り組んでいる」「好奇心をもって、仕事の幅を広げようとしている」という評価は30%未満となった。

マネージャー層は「周囲への影響度」の面で高く評価をしている傾向も見られたが、営業系マネージャーだと「仕事をしているふりをしている」が57.9%に達していた。ITエンジニア系マネージャーだと「粛々と担当業務をこなしている」が全職種で最低の52.4%だった。ただしR&D系マネージャーはほぼすべての数値が高く、しっかりと活躍しているベテラン社員がR&D部門に多いことをうかがわせる。

調査概要

  • 【調査対象】従業員数300人以上の民間企業の正社員
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査期間】2021年7月16日~19日
  • 【サンプル数】660
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]