Reproがアプリストア最適化を支援する「ASO Insight」を提供開始、自動提案機能を搭載

ASOエキスパートの実績あるノウハウでタイトルや説明文を自動提案、作業工数を大幅削減
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングプラットフォーム事業のRepro(リプロ)は、アプリストアの検索流入を最適化するASO(アプリストア最適化)ツールの「ASO Insight」の提供を始めた、と11月10日発表した。アプリストアの順位を上げるキーワードやタイトルをつける作業を大幅に削減して、ASOにかけるリソースやノウハウがなくても成果が出せる。

 

ASO Insightは、独自のアルゴリズムに基づいて「iOS」ではタイトル▽サブタイトル▽App Store Connect キーワード、「Android」ではタイトル▽簡単な説明文--を自動提案する。アルゴリズムはReproのASOエキスパートが実績を出してきたASOのノウハウが反映されており、プロに運用委託するのと変わらないレベルの提案が得られる。

iOSとAndroidのインストール状況が分かる「横断ダッシュボード」や、対策すべきキーワードのボリュームと獲得難易度が分かる「キーワード優先度抽出機能」▽市場のダウンロード傾向と自社アプリのダウンロード傾向比較の「トレンド分析機能」▽機能リリースなどのリアクションが分かる「レビュー評価別のレビュー数の推移分析機能」もある。

ASOによるアプリストアの検索対策はユーザー獲得で重要性を持っている。米国Appleによると「App Store」検索を利用するユーザーは全体の70%で、65%は検索の後に直接アプリをダウンロードする。モバイルアプリ広告効果測定プラットフォームのAppsFlyerによると、リテンションレート(アプリの利用継続率)は7日後以降の長期になるほどオーガニック検索経由のほうが非オーガニックユーザーより継続率が高い。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]