アジア7か国で人気の日本のコンテンツ、やはり「ワンピ」「NARUTO」「ドラえもん」が強い【ファンジャパン調べ】

台湾・香港・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム・インドのアジア7か国に、好きな日本のコンテンツ・知っている日本のコンテンツを聞いた。

Fun Japan Communicationsは、アジア7か国を対象に、好きな日本のコンテンツ・知っている日本のコンテンツを調査した。台湾・香港・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム・インドが対象。アジア地域向けに同社が運営している日本情報のコミュニティサイト『FUN! JAPAN』の読者に対して、どのようなコンテンツを視聴しているのかを聞いた。

強いのはアニメ、国ごとにかなりの偏りも

まず「現在視聴している、または過去に視聴したことのある日本のコンテンツは?」「今後はどんな日本のコンテンツを見たい?」という質問に対し、全体的な傾向を見ると、やはり「アニメ」が1位となる一方で、「マンガ」「ドラマ」「映画」がそれを上回る人気を示す国もあることが明らかとなった。たとえば、台湾・香港は「ドラマ」が、タイでは「マンガ」が、インドネシア・ベトナムは「アニメ」が比較的強い。ローカライズ作品の作りやすさ、流通網、人種比率、宗教など、多様な理由が考えられるだろう。

 

国別に「もっとも好きな日本のコンテンツ1位」および「有名な日本のコンテンツ1位」を見ると、知名度では「ドラえもん」が7か国中4か国で1位になる一方、好きなコンテンツでは「ONE PIECE」と「NARUTO」がそれぞれ2か国でトップに。香港は映画「君の名は。」が1位。またタイのみ「TVチャンピオン」という、非マンガ系のバラエティコンテンツが1位になるなど、かなりの違いを見せている。


※調査データより編集部が独自作成

以下調査では、国ごとのランキング詳細と背景を分析している。詳細は元ソースを参照してほしい。なお「マンガ」作品は、どの国でも手ごろな値段で買えることが多く、日本の嗜好とかなりの部分が感覚的に重なっていると思われる。

台湾

台湾は、日本とほぼ同時に、日本のドラマや映画の情報が流れ、有料チャンネルにてテレビ放送もされるなど、情報の鮮度が高い。

 

香港

香港で最大手のテレビ局「TVB・J2」が日本の「ドラマ」「アニメ」を放送しており、ランクインしている作品のほとんどが、同局に依存する。すべて吹替での放送だが、ドラマは日本語音声を副音声で放送することも多い。スタジオジブリの作品は「TVB-PEARL」でよく再放送されているほか、映画館でも上映されている。

違法ダウンロードや違法ストリーミングのサイトも存在。「Bilibili」(ビリビリ動画)では、さまざまな番組が字幕なし/字幕ありでストリーミング配信されている。「Miomio.tv」では、ほとんどの日本番組を、放送から2時間後に見ることができる。

 

タイ

日本人にはすでに懐かしい「TVチャンピオン」(日本では1992年4月~2006年9月に放送)や「ここりこ」(ココリコミラクルタイプ。日本では2001年4月~2007年9月に放送)がベスト5以内にランクインしている。

 

マレーシア

テレビの無料チャンネルは4つ(TV1、TV2、TV3、NTV7)のみだが、日本のアニメは毎週末3~4番組が放送されている(すべて吹き替え版)。マレーシア衛星放送最大手「Astro(アストロ)」の有料チャンネルでも、毎日人気アニメが放送されており、「Kemono(かつて神だった獣たちへ)」や「Haruchika-Haruta & Chika(ハルチカ~ハルタとチカは青春する~)」など、比較的新しい作品も放送中。ただし、有料チャンネルは金額が高いことから、加入している家庭は少ない。

マンガについては、英語版と中国語版の輸入商品が売られているが、日本好きマレーシア人でも2軒程度しか知らないほど希少だという。

 

インドネシア

「アニメ」「マンガ」「映画」などの回答が多く、具体的なコンテンツ名はほとんど挙がらなかった。「NARUTO」「ONE PIECE」「ドラえもん」以外では、「コナン」(名探偵コナン)がランクインしているが、毎回殺人事件が起きることなどから、テレビは2年ほどで放送中止になった。

インドネシアでは、2010年から「KPI」(Komite Penyiaran Indonesia/インドネシア報道委員会)による検閲が厳しくなっており、現在はほとんどのアニメ放送がなくなっているという。

 

ベトナム

ベロナムは、日本で人気の漫画やライトノベルが、常時翻訳・出版されている。漫画原作のアニメも人気が高い。ただし、オフィシャルに放送・放映されているものはほとんどなく、YouTubeでアップされているものを閲覧している層が多い(キャプション翻訳またはベトナム語吹替)。「ドラマ」は、知名度が高くなく、今回の結果でもランクインしていない。韓国ドラマが人気だという。

 

インド

インドは、著名作品あるいは「デスノート(正式名称:DEATH NOTE)」「進撃の巨人」「ドラゴンボールZ」など、少年誌の連載作品がほとんどを占めた。

 

調査概要

  • 【調査対象】「FUN! JAPAN」読者(2019年7月時点のWebサイト月間ユニーク訪問数170万人、Facebookファン数467万人、会員数100万人)
  • 【調査方法】オンラインアンケート
  • 【調査時期】2019年6月28日~7月16日
  • 【サンプル数】1,121
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NSFW
Not safe for workの略。直訳すると「職場向けとしては安全ではない ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]