店頭在庫がリアルタイムに確認できる陳列棚「スマートシェルフ」を吊り下げタイプに対応

凸版印刷など、吊り下げフックの部分にアンテナを装着して検知、任意の箇所で陳列が可能

凸版印刷は、小売店の商品棚に陳列されている店頭在庫がリアルタイムに確認できる陳列棚「スマートシェルフ」を吊り下げタイプに対応させた、と9月9日発表した。2020年度以降の販売を目指す。電子機器関連製品企画・開発・製造のタカヤと共同で開発した。吊り下げ式の陳列棚でもスマートシェルフの利用を可能にした。

スマートシェルフは、リアルタイムに店頭在庫が確認可能な陳列棚で、凸版印刷が2017年から提供している商品管理ICタグ「SMARTICS-U(スマーティックス・ユー)」を活用する。外装パッケージにICタグが貼付・内蔵された商品をスマートシェルフから取り出すと自動で検知し、陳列した商品在庫が減ったことが分かる仕組み。

(左)「スマートシェルフ」全体イメージ (右)読取イメージ  Toppan Printing Co., Ltd.

従来は、シート型のアンテナの上に商品を置くことで商品の有無を検知していた。開発した吊り下げタイプは、吊り下げフックの部分にアンテナを装着し、任意の箇所で陳列できるようにした。棚と一体になるため設置や移動が容易。商品を手に取った瞬間にデジタルサイネージ上で商品説明や関連広告を表示することもできる。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]