“SNS疲れ”圧倒的に多いのは女性20代、若い人ほど利用中止/退会を選択しがち【アスマーク調べ】

人間関係のこじれや投稿のプレッシャーなど、ストレスの原因にもなる“SNS疲れ”について調査。

アスマークは、“SNS疲れ”に関する調査結果を発表した。「使用経験のある・現在利用しているSNS」とともに、「利用の理由」「SNS疲れの経験の有無」「SNS疲れを感じて利用をやめたサービス」「SNS疲れ解消のために行っている行動」「理想のSNS」「SNS疲れを感じても今後も使いたいSNS」「継続したい理由」などをSNSユーザー(元ユーザーを含む)1,000名に聞いた。

“SNS疲れ”が最も多いのは「女性20代」、男性同年代の1.5倍・男女60代の2倍に達する

まず、“SNS疲れ”の経験の有無を聞くと、女性20代の65.0%が「過去にSNS疲れを感じた」と回答した。以下「女性40代」54.0%が続くが、10ポイント以上の差が付いている。「経験あり」が過半数だったのはこの2グループのみで、3位の「男性30代」は47.0%とかろうじて半数を切っている。

“SNS疲れ”経験の有無

また女性20代は、「SNSの利用理由」において、全体主流の「連絡手段として」「顔見知りの友人・知人の近況を把握するため」以外に、「自分が投稿するため」「趣味の情報収集・発信をするため」「商品・サービスの情報収集・発信をするため」「SNS上の人の近況を把握するため」などが、他年代より高めの数値を示している。単なるコミュニケーション手段ではなく、自己実現・自己表現・自己承認などにもSNSをフル活用していることが、より“SNS疲れ”も加速させていると考えられる。

SNSの利用目的

FacebookやLinkedIn、ビジネス色の強いSNSほど疲れやすい?

次に、利用SNSごとに“SNS疲れ”経験を聞くと、「Facebook」42.5%、「LinkedIn」42.1%と、ビジネス色の強いSNSが2トップとなった。LinkedInはサンプル数が少なく参考値だが、匿名性や娯楽性が低く、職場の人との交流が含まれるSNSほど疲れやすいと見られる。なお、20代女性は、どのツールにおいても、4割以上がSNS疲れを経験していた。

“SNS疲れ”経験の有無・利用SNS別

「疲れを感じたことがあっても、退会はしない」約7割、それでも使い続けるのはLINE

こうしたSNS疲れにより、「利用をやめた・退会した経験」を利用SNSごとに聞くと、最も多かったのは「Facebook」12.2%で、ここでは「LINE」9.1%が続いた。性別年代で見ると、男性20代では22.0%が「LINE」の利用を止めており、他より高い。

「疲れを感じたことがあっても、退会はしない」の数値を見ると、全体では69.6%。逆に残り3割はSNS疲れで退会などを経験していた。性別年代では、男性20代の「疲れを感じたことがあっても、退会はしない」は48.8%で、利用中止/退会経験者は半数を超える。女性20代も61.5%と他年代より低く、若い人ほどSNS疲れを感じたら利用を止める傾向がある。

“SNS疲れ”により利用をやめた・退会した経験

さらに、「SNS疲れを感じたことがあるが、今後も使いたいと思うSNS」を聞くと、LINEユーザーの半数以上(52.5%)が「今後も利用したい」と回答している。FacebookやInstagramのような、画像投稿を主体としたSNSに比べ、LINEはコミュニケーション手段としての利用意向が高いためと考えられる。

一方で「いずれもあてはまらない」(=使いたいと思うものはない)と回答したユーザーも、21.5%存在した。SNS疲れを感じたら、アカウント消去まで行かなくても、ログインを避けて少し距離を置くのも、1つの選択肢だろう。

“SNS疲れ”を感じた経験があるが、今後も使いたいSNS

調査概要

  • 【調査内容】SNS疲れに関するアンケート調査
  • 【調査対象】SNS(Facebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokのいずれか)のアカウントを過去に保有したことがあり、投稿もしくは閲覧を週に1回以上したことがある全国20~60代男女
  • 【調査期間】2019年1月29日~1月31日
  • 【調査方法】インターネット調査(アスマークの自社モニタ)
  • 【サンプル数】1,000
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]