マーケティングシナリオ改善をAIによる興味関心分類で支援する「nosy」を神戸デジタル・ラボが提供開始

消費者の興味・関心を分類することで、ターゲットへの適切な接客やアプローチが可能に
よろしければこちらもご覧ください

ITコンサルティングサービスの神戸デジタル・ラボ(KDL)は、人工知能技術(AI)によって顧客への商品やサービス提供までのシナリオの改善を支援するツール「nosy(ノージー)」の提供を5月8日に開始する、と同日発表した。nosyは、事業者が保有するデータを用いてKDLが提供するAIエンジンの関係性API(任意キーワードに対する周辺のワードを独自指標で分析して返却するサービス)により消費者の興味・関心を分類することで、ターゲットへの適切な接客やアプローチができるようになる。

nosyは、企業が持つ生かし切れていないデータを支配し、顧客の興味・関心を理解できる環境を作り出すことを目指している。nosyの一般への提供に先行し、女性下着メーカーワコールが運営する会員サイトのメールマガジン会員の一部を対象に効果検証を行ったところ、従来の一斉配信と比較して、クリック率が約254%増、メールマガジンからのサイト流入での平均ページビューが約185%増、滞在時間が約213%増、直帰率が約67%減という成果を得ることができた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]