Facebookが旅行業界向けの広告商品を拡充、旅行を計画中のユーザーへリーチ可能に

50%の人が旅行先の情報収集をモバイルで検索している背景から、広告プロダクトを開発
よろしければこちらもご覧ください

Facebookは、旅行業界向け広告プロダクトの拡充を3月6日発表した。アップデートにより、旅行業界の広告主は、利用者が旅行先を検討している段階でリーチすることが可能になる。Facebookとマーケティング調査会社GfKの共同調査によると、50%の人が旅行先の情報収集や旅行計画をする際、最初にモバイルで検索していることが分かった。この背景から、旅行業界の広告主が「Facebook」や「Instagram」上で次の旅行のインスピレーションを得た利用者へ、より効果的にアプローチできる広告プロダクトを開発することになった。

広告主は旅行業界向けダイナミック広告を通して、旅行に興味を示した人々に最も関連性の高い広告を表示してきた。今回の発表により、旅行計画の過程においてさらに早い段階で利用者へのリーチが可能になる。旅行の目的地を検討している利用者に、人気のある目的地やプランを表示することで、旅の予約を促し、広告主は利用者に合ったクリエイティブの選択ができ、カタログがなくても簡単に、適切なクリエイティブで伝えたいメッセージをFacebook、Instagram、Audience Networkをまたいで配信することができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]