ヤフーとソニー損保がカーナビアプリデータ活用の保険商品・サービス開発で共同研究

計測した走行速度・急加速・急減速などのデータ利用、運転行動連動型の保険商品開発

ヤフーとソニー損保は、ヤフーが提供するスマートフォン向けカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」で得られる運転特性データを活用した新たなテレマティクス(自動車向け情報提供)保険商品や関連サービスの開発で共同研究を始める、と2月1日発表した。ドライバーの安全運転支援や事故防止につながる新サービスや新しい保険商品の開発を検討する。ソニー損保が自社の保険契約者を対象に春から約1年の予定でモニターテストを実施する。

モニターテスト協力者が使うYahoo!カーナビで計測した走行速度、急加速、急減速などのデータを利用し、テレマティクス保険の1つ、運転行動連動型の保険商品開発に役立てる。ソニー損保は、加速・減速の発生状況を保険料に反映させる保険「やさしい運転キャッシュバック型」の販売を日本で初めて2015年2月に始めた。ヤフーはカーテレマティクス事業「Yahoo!カーナビ プラス」の構想を掲げ、自動車保険分野との連携を模索していた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]