サイバーエージェント、位置情報利用の行動分析「AIR TRACK」に広告自動生成機能追加

「ダイナミッククリエイティブ機能」、ユーザーの位置情報と店舗情報を連動させて配信
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントで広告技術商品を開発する技術者横断組織のアドテクスタジオは、位置情報を利用した行動分析ターゲティングツール「AIR TRACK」に、ユーザーの位置情報と企業の店舗情報を連動させた広告をリアルタイムに配信する「ダイナミッククリエイティブ機能」を加えた、と12月2日発表した。ユーザーがよく行く店舗や勤務地、時間帯などの行動パターンに応じ、各店舗の画像や住所、営業時間、在庫などの情報と地図を組み合わせた広告を自動生成して配信する。

ユーザーの勤務地や現在地に近い店舗や在庫の情報を届けて来店を促す。AIR TRACKの来訪率計測機能を活用する。これは指定エリアや店舗にどの程度来訪したか計測する機能で、広告をクリックしたユーザーが実際に店舗やエリアを訪れた割合や、競合店舗を訪問した割合などの来訪率が計測可能。AIR TRACKは、位置情報の扱いに関する利用目的や取得情報などの注意事項に同意したユーザーだけを対象にする。企業は事前に指定したエリアに来たユーザーにターゲティング広告やプッシュ通知が配信できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]