マイクロアドがさまざまなデータを集積・分析するマーケ基盤構築「UNIVERSE」を開始

複数のデータ資源での多面的な分析で正確な顧客像を把握、広告配信やCRMに適用可能
よろしければこちらもご覧ください

広告プラットフォーム・ネットワーク事業のマイクロアドは、マーケティング基盤構築サービス「UNIVERSE」を始めた、と12月2日発表した。さまざまなデータを集積・分析して企業の顧客生涯価値最大化を図る。従来の単一のデータ資源による一面的な顧客属性分析が、複数のデータ資源での多面的な分析になり、より正確な顧客像が把握できる。分析結果は広告配信やCRM(顧客関係管理)施策に継ぎ目なく適用可能で、的確なユーザーコミュニケーションにつなげる。

UNIVERSEは、企業が保有する顧客のCRMデータと、マイクロアドが持つ4億ユニークブラウザのパソコン・スマートフォンの行動データを単一のIDで統合的に結び付け、分析する機能がある。マイクロアドが中心になって第三者データ保有企業との連携も支援し、各種のデータを統一的なIDで横断して集約・分析する環境も提供する。オンラインで商品を購入したユーザーの購買誘因分析や、実店舗の商圏ごとのユーザー特性などをCRMや広告配信ターゲティングに生かせる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]