ニールセン、世界の広告費動向調査を発表、2013年上半期は対前年同期比で2.8%増

第2四半期は前年比3.5%増、中南米とアジア太平洋が世界の広告費の成長を牽引
よろしければこちらもご覧ください

インターネット調査のニールセンは、同社が全世界の広告費を調査する「Global AdView Pulse」の2013年第2四半期(4~6月)の結果を10月31日発表した。広告費は世界全体でゆるやかな増加を続け、2013年第2四半期は前年比で3.5%、2013年上半期(1~6月)でも対前年比で2.8%増加し、特に第1四半期に引き続き、中南米とアジア太平洋が世界の広告費の成長を牽引していることが分かった。Nielsen Global AdView Pulseは、テレビ、新聞、ラジオ、屋外、映画、インターネット広告の広告費を調査する。

アルゼンチンの広告費が3割近く増加したことが要因となり、中南米では上半期で13.1%の増加(広告費1兆3500億円)と大幅な伸長となった。アジア太平洋の広告費は2013年上半期に6.4%と大きく増加。広告費は5兆1000億円で、インドネシア、中国、フィリピンの成長が貢献している。ヨーロッパは財政問題の関係から、6%の減少となった。その他の地域では景気の悪化により落ち込んでいた広告費が回復の動きを見せ、中東・アフリカで3.9%、北米で2.7%の増加となった。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]