米ニールセン、全世界の広告費動向調査でオンライン・ディスプレイ広告が大きな伸び

全体で前年同期比1.9%の増加、欧州が減少した半面、中南米やアジア太平洋などは増加

メディア視聴行動分析のニールセンは、親会社の米ニールセンが実施した全世界の広告費動向調査「Global AdView Pulse」の2013年第1四半期(1-3月)版の結果を8月2日発表した。増加ペースは緩やかになり、世界全体の広告支出は前年同期比で1.9%の伸びにとどまった。地域ごとに差が大きく、欧州が減少した半面、中南米、アジア太平洋、中東・アフリカは増加、北米は増減なしだった。媒体別では、オンライン・ディスプレイ広告が大きく伸びた。

全体で1.9%増加した広告支出だが、中南米は11.9%増、アジア太平洋は5.8%増、中東・アフリカが2.9%増で、欧州は4.4%減、北米は0.0%だった。中南米は全ての国で増加し、アジア太平洋は中国、インドネシア、フィリピンでほぼ20%の増加。アジア太平洋で減少したのは日本だけとなり、1.1%減だった。中東・アフリカは持ち直しの動きが続いているものの、大きな市場のエジプトが政情不安から20%減。欧州は経済の不振が影響している。

媒体別の広告支出の内訳ではテレビが全体の59%と大きな割合を占め、世界で3.5%の増加となった。オンライン・ディスプレイ広告に関しては調査対象が一部の国に限定されているが、26.3%増と驚異的な伸びを記録した。中でも中南米が48.2%増、アジア太平洋は33.2%増だった。広告全体が落ち込んでいる欧州でも10.4%増となった。印刷媒体は雑誌が2.8%減、新聞が4.7%減で、印刷媒体の減少がオンライン広告に成長の余地を与えているという。

ニールセン
http://www.netratings.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]