IDC Japan、国内企業のマーケティング活動実態調査でデジタルマーケティングの意欲は低水準

マーケティング最高責任者の設置率も3.9%、全社的にマネジメントする動きはまだ小さい段階
よろしければこちらもご覧ください

IT専門調査会社のIDC Japanは、6月に実施したマーケティング活動の動向調査「2013年国内企業のマーケティング活動に関する実態調査」の結果を10月7日に発表した。データ活用の意識が高くなっている一方、デジタルマーケティングに対しては従来メディアより意欲は強いものの、低い水準にあった。マーケティング最高責任者(CMO)の設置率も3.9%と低く、全社的にマーケティングをマネジメントする動きはまだ小さい段階にある。

力を入れたいマーケティング施策では、情報の迅速な把握、データ分析力の強化が1、2位となり、データを活用する意欲は強いが、ネット型メディア、ソーシャルメディア、モバイルへの取り組み強化は業種や部署で差が大きく、マーケティングの部署で意識が高い半面、全体では低い位置にあった。IDC Japanは「マーケティング活動に関するITベンダーは企業に対し、保有するデータの高度活用を提案するべき」とアドバイスしている

IDC Japan
http://www.idcjapan.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]