アイレップなど、ブログデータから心理を調べる「キーワードプロファイル分析」

人気ランキングではなく、男女、世代別の傾向分析で潜在ニーズの発見が可能
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップは、インターネット関連技術のきざしカンパニーとともに、ブログのデータからユーザー心理を調査する「キーワードプロファイル分析」を行った、と8月8日発表した。ブログデータからはユーザーの視点に立った情報が得られ、ユーザー像がイメージできるという。単純な人気ランキングではなく、男女、世代別の傾向分析で深く掘り下げた潜在ニーズが発見できる可能性が分かった。

ブログデータをユーザーの声の集積と考え、その調査・分析によってユーザーの興味・思考が分かることや、どのような切り口で分析が可能かを示すために調べた。2009年3月~2011年3月の2年間のブログデータから、「おでかけスポット」に関する3500のキーワードを定め、それを含むブログ記事を抽出。各スポットごとに、該当記事を投稿したブロガーの性別・年代別の割合とその他の関心事を取得した。資料はサイトから申し込む。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

きざしカンパニー
http://www.kizasi.co.jp/

調査資料の申し込み
https://www.irep.co.jp/cgi_20110808/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]