ベリサインがクラウド型リモートアクセス向けワンタイムパスワード認証サービスを提供開始

スマートフォンやPCでの認証にも対応の「VIPエンタープライズ ゲートウェイ」
よろしければこちらもご覧ください

情報セキュリティの日本ベリサインは、企業内ネットワークへのリモートアクセス向けクラウド型ワンタイムパスワード認証サービス「ベリサイン アイデンティティ プロテクション(VIP)エンタープライズ ゲートウェイ」を11月に提供開始する、と9月7日に発表した。ユーザーIDとワンタイムパスワードの認証プロセスを、同社のデータセンター内のVIPネットワークを利用。認証システム構築や運用・管理が不要で、最短1~2ヵ月という短期間での導入が可能。ランニングコストも自社で行うより半減できるという。認証サービスでは標準規格OATHを採用。リモートアクセスのトークンはハードウェア型だけでなくスマートフォンやInternetExplorerなどユーザーの環境にあわせて選ぶことができる。在宅勤務者や外部委託先ユーザーは固定されたPCを利用することでログインが容易になる。料金は100ユーザーで25万円から。

日本ベリサイン
https://www.verisign.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]