PayPayが不正利用対策強化でクレジットカード本人認証サービス「3Dセキュア2.0」対応

カード会社にあらかじめ登録した通知先でワンタイムパスワードを受け取って本人認証

スマートフォン決済事業のPayPay(ペイペイ)は、同社の決済サービスアプリ「PayPay」でクレジットカードの本人認証サービス「3Dセキュア2.0(EMV 3Dセキュア)」に対応した、と9月21日に発表した。カード会社にあらかじめ登録した通知先でワンタイムパスワードを受け取り本人認証する。PayPayアプリのバージョンv3.57.0以降で対応した。

登録したパスワードで本人認証する従来の「3Dセキュア1.0」に比べてパスワード忘れの心配がなく、より安全・スムーズに本人認証できる。クレジットカードが本人認証サービスで「3Dセキュア2.0」に対応しているかは、クレジットカード会社で確認する必要がある。従来の3Dセキュア1.0での認証は順次終了する予定。

PayPayは不正利用対策で、利用するスマホ以外の端末からのアクセスにSMS(ショートメッセージサービス)で通知する2要素認証や、金融機関口座を登録する際の「eKYC」を導入してきた。不正利用発生率は0.001%(21年1月1日~12月31日)で、不正利用被害額ではカードの500分の1以下だが、3Dセキュア2.0対応でさらに強化した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]