ムービットがワンタイム・パスワード認証対応のWebサイトを構築・運用できる仮想サーバーを販売開始

使い捨てタイプのためID/パスワードが盗まれた場合でもWebへの不正アクセスを防止
よろしければこちらもご覧ください

インターネットセキュリティのムービットは、Webサイトへのアクセス認証時に第三者による不正アクセスを防止するため「ワンタイム・パスワード認証」機能を付加したWebサイトを簡単に構築・運用できる仮想サーバー「Powered BLUE 870/OTP」の販売を開始する、と7月24日発表した。

Powered BLUE 870/OTPは、Webサイトにワンタイムパスワード認証とID/パスワード認証を付与し、2要素認証のWebサイトにすることができる。ワンタイムパスワードは、使い捨てタイプのためID/パスワードが盗まれた場合でもWebへの不正アクセスを防止することができる。

ワンタイムパスワードの方式は、広く使われているGoogle AuthenticatorやFreeOTPのソフトウエア・トークン(パスワード生成器)に対応。利用者側ではスマホやPC端末にインストールして利用できる。ハードウェアトークンとは異なり、導入時の費用やランニングコストを大幅に低減できるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]