ECサイト構築パッケージ「EC-CUBE」の次期バージョン、ダウンロード販売機能を標準装備

クオーレの開発プログラムコードを組み込みマスタマイズ無しで利用可能に
よろしければこちらもご覧ください

ソフトウェア開発のクオーレは、同社の製作プログラムが、 Eコマース関連ソフト開発のロックオンが提供するオープンソースのECサイト構築パッケージ「EC-CUBE」次期バージョンでの正式採用が決定した、と9月7日に発表した。これによりEC-CUBEにダウンロード販売機能が標準装備され、カスタマイズ無しで利用可能になる。デジタルコンテンツ販売事業にも適用が容易になるという。EC-CUBEでは次期バージョンでのダウンロード販売機能の搭載を決めていた。クオーレは開発したプログラムコードを無償提供、EC-CUBEの開発チームにも参加している。

クオーレ
http://www.cuore.jp/

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]