日本ベリサイン、クライアント認証の強度を高める「Symantec Validation & ID Protection」を提供

二要素認証による「ワンタイムパスワード認証」に加え「リスクベース認証」も利用可能に
よろしければこちらもご覧ください

情報セキュリティの日本ベリサインは、2種類の要素によって確実に認証を行う「二要素認証」をもとにクライアント認証の強度を高める「ベリサインアイデンティティプロテクション(VIP)」のサービスを再編し、「Symantec Validation & ID Protection」の提供を12月1日に開始する、と11月16日発表した。二要素認証による「ワンタイムパスワード認証」に加え「リスクベース認証」も利用可能となり、サイト利用者に強固なクライアント認証を提供するという。

Symantec Validation & ID Protectionで追加したリスクベース認証は、従来の「オンライン詐欺検出サービス」を汎用化。デバイスや行動プロファイルに基づいたリスク分析をバックグラウンドで実施し、利用者への負担をかけずに認証を実現する。また、2つの認証を自由に組み合わせられるほか、セキュリティ重視の場合はワンタイムパスワード認証、利便性を重視する場合はリスクベース認証のように、個別にどちらかのサービスを選択することも可能。費用は従来のVIPと同じく年額32万4000円から。

日本ベリサイン
https://www.verisign.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス解析
関連語 の「アクセスカウンタ」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]