はじめてWEB エキスパート(専門家)コラム コーナーの記事一覧

KDDI運営の情報サイト「はじめてWEB」掲載の、初心者向けコラムです
icon このコーナーについて

ホームページ作成・運営で知っておきたいノウハウを、専門家がわかりやすく解説するコラムです。

このコーナーのコンテンツは、KDDI提供の情報サイト「はじめてWEB」掲載の エキスパート(専門家)コラムからの情報を、許諾を得てWeb担の読者向けにお届けしているものです。

(全 73 記事)

ページ

益子 貴寛(サイバーガーデン) 10/20 6:00

「Web文章入門」第5回は、ページの中でもっとも重要な「タイトル」をどのように書くかです。ホーム(トップページ)、個別ページ、記事の3つに分けて解説します。わかりやすさと検索エンジン最適化の両面からページタイトルを考えましょう。

蝦名 晶子(ディーシーティーデザイン) 10/13 6:00 (38)(60)

「短期記憶」とは、数十秒から数十分という時間の間に、保持される記憶のこと。記憶できる量は一般的に、7±2であると言われています。

鍋坂 樹伸 10/6 6:00 (145)(87)

プロではない人から、「写真撮影では構図が一番むずかしい」という声をよく耳にします。最終回では、代表的な3つの構図と、Instagramで人気の構図について説明します。

益子 貴寛(サイバーガーデン) 9/29 6:00 (111)(32)

「Web文章入門」第4回は、利用者にうったえかける「キャッチコピー」です。商品やサービスそのもの、作り手、利用者の3つの観点から、キャッチコピーに盛り込む言葉を考えましょう。

蝦名 晶子(ディーシーティーデザイン) 9/22 6:00 (43)(27)

「カチッサー効果」とは、働きかけによって深く考えることなしに、行動を起こしてしまう心理現象のことをいいます。

鍋坂 樹伸 9/15 6:00 (21)(21)

なぜ友人の写真はあんなに「イイ感じ」なの? その答えは、写真撮影後、SNSにアップする前の「写真加工」にあるかもしれません。

益子 貴寛(サイバーガーデン) 9/8 6:00 (79)(26)

「Web文章入門」第3回は、お店の「こだわり」を伝える方法です。コンテンツの充実と明確なメッセージ伝達のために、「なにを」と「だれに」を意識し、見に来た人に「提案」できるWebサイトを目指しましょう。

蝦名 晶子(ディーシーティーデザイン) 9/1 6:00

「バーナム効果」とは、誰にでもあてはまるような、曖昧な表現や一般的な表現を見て、「自分も当てはまる」と思い込んでしまう心理現象のことをいいます。

鍋坂 樹伸 8/25 6:00 (21)(41)

スマートフォン撮影テクニックでは、スマートフォンそのものや内蔵カメラの特徴を理解し、Webコミュニケーションをより円滑に進めるコツを解説します。今回はカフェやレストランで座る位置、光のあてかたについて解説します。

益子 貴寛(サイバーガーデン) 8/18 6:00 (7418)(715)(123)

「Web文章入門」第2回は「わかりやすい文章の10大原則」。論旨を明確に伝えること、ストレスを感じさせないことが、わかりやすい文章のポイントです。10大原則に照らして、ふだんの自分の「書きグセ」を把握し、ウェブサイトの文章だけでなく、ビジネス文書やメール、ソーシャルメディアでも、常にわかりやすい文章を心がけましょう。

蝦名 晶子(ディーシーティーデザイン) 8/4 6:00 (35)

「カリギュラ効果」とは、禁止されればされるほど、その行為をしたくなる心理効果のことをいいます。

鍋坂 樹伸 7/28 6:00 (21)(33)

スマートフォン撮影テクニックでは、スマートフォンそのものや内蔵カメラの特徴を理解し、Webコミュニケーションをより円滑に進めるコツを解説します。

益子 貴寛(サイバーガーデン) 7/21 6:00 (176)(51)

「Web文章入門」では、ウェブサイトで求められる文章表現とコピーライティングのエッセンスを解説します。単に情報を提供するだけでなく、利用者に「提案」できるウェブサイト、実店舗への集客と検索サービスからの集客の両方が達成できるウェブサイトを目指しましょう。第1回は「ウェブの媒体特性に合った文章の大切さ」です。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 7/14 7:00 (41)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。 第12回目は幼稚園・保育園のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 7/7 7:00

写真撮影入門ではこれまで11回にわたって、カメラの使い方や撮影方法、ウェブサイトに掲載する写真の考え方を解説してきました。写真撮影の現場では、瞬発的なアイデアのひらめきが必要だったり、時間との勝負がつきまといます。なるべく効率的に、意図したとおりの写真撮影を行うにはどのようにしたら良いのでしょうか。 第12回目は、撮影現場での動きについて解説します。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 6/30 7:00

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。 第11回目は団体・サークルのホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 6/23 7:00

みなさんは普段どのような記録形式で写真を撮影していますか?jpgデータで撮影することが多いと思いますが、「RAW(ロウ)データ」や「RAW現像(げんぞう)」という言葉を聞いた事はありますか? 実はこのデータは、とても便利な記録形式です。 第11回目は、デジタル一眼での撮影にとても有効な「RAWデータ」について解説します。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 6/16 6:00

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。 第10回目は農業・漁業のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 6/9 7:00 (21)

みなさんは屋外で写真撮影をするとき、太陽の位置を確認して撮影していますか? 屋外では唯一の光源である「太陽」の動きを考え撮影すると、同じ被写体を撮影してもまったく違う雰囲気の写真に仕上がります。 第10回では、太陽光線と写真の関係について解説します。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 6/2 7:00

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。 第9回目は自動車・バイク関連のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 5/26 7:00

みなさんは「ライティング」という言葉を聞いたことがあると思います。 被写体に光をあてるということですが、「なんだか難しそう」だと考えていませんか? 第9回では、手軽で簡単にできる撮影時の「ライティング」について解説します。 <今回の撮影現場> 撮影場所:高松市郊外の生花店 営業時間:9:00~19:00 利用者層:社会人全般(やや女性が多い)

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 5/19 7:00 (30)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第8回目は建築会社・工務店のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 5/12 7:00 (56)

会社や店舗にとってスタッフ(社員)は、商品(製品、サービス)や設備と並ぶ重要な財産です。 スタッフのことを「人材」ではなく、「人財」と表現することもあります。 より良い製品が生まれる源にも必ず「人」が存在します。 第8回では、ウェブサイトに掲載する「人物写真」の意味や考え方について解説します。 <今回の撮影現場> 撮影場所:高松市の魚料理のお食事処 営業時間:17:00~22:00 利用者層:社会人全般・家族づれ

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 4/21 7:00 (42)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第7回目は学校・塾のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 4/14 7:00 (96)(21)

ウェブサイトには、さまざまな写真を掲載します。 利用者は文章を読み、写真を見ることで、必要な情報を得るだけでなく、感情が動かされ、実際にお店に行ってみよう、商品を買ってみようという気持ちになります。 第7回では、ウェブサイトの看板となる、キービジュアルの撮影方法について解説します。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 4/7 7:00 (44)(21)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第6回目は製造業のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 3/31 7:00 (308)(32)

みなさんは、普段どのような「撮影モード」で撮影することが多いですか?オートでしか撮影したことがないなら、ほかの撮影モードにチャレンジしてみましょう。 第6回では、背景のぼかし方をコントロールする「絞り優先オート」と、被写体の動きをコントロールする「シャッター速度優先オート」について解説します。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 3/24 7:00

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第5回目は飲食店のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 3/17 7:00

撮影した写真が目で見たような色にならず、残念な経験をしたことはありませんか?カメラには簡単に色味を変えられる「ホワイトバランス」(以下WB)という機能があります。第5回目は、WB設定について解説します。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 3/10 7:00

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第4回目は士業のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 3/3 7:00

みなさんはウェブサイトの写真を見たとき、魅力的に感じるときと感じないときのポイントは何でしょうか。「構図」ですか、「色味」ですか、それとも「明るさ」でしょうか。 普段私も、ネットでショッピングをします。 その時、購入意欲や閲覧意欲がそがれる要因のひとつが「暗い写真」が公開されているケースです。 第4回目は、写真の魅力を決める大きな要因である「明るさ」について解説します。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 2/24 7:00 (29)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第3回目はホテル・旅館のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 2/17 7:00 (30)(21)

ウェブサイト用かどうかに関わらず、写真撮影の基本は「ピント」と「構図」を理解することです。第3回では、撮影の失敗を少しでも減らすために不可欠な「ピント」と「構図」を、実例を交えながら解説します。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 2/10 7:00 (78)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第2回目は病院・福祉施設・介護用品のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 2/3 7:00 (54)(25)

みなさんは、写真を通して利用者に何を伝えたいですか。 利用者はウェブサイトの中で、どのような写真が見たいのでしょうか。 ウェブサイトに掲載する写真は、大きく分けて2種類です。 第2回目は、目的に応じて写真を撮り分ける考え方について解説します。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 1/27 7:00 (135)(23)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第1回目はエステ・サロン・美容室などの主に女性向けのホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 1/20 7:00 (177)(36)

「写真撮影入門」では、ウェブサイトに掲載する写真撮影の考え方やテクニックを解説します。 ウェブサイトの印象は、写真によって決まるといっても過言ではありません。 写真は企業イメージや製品への思いを伝えたり、他社との差別化をはかったり、見た人にインパクトを与えます。これから12回に渡って学んでいきましょう。 第1回は「写真撮影の予備知識」です。

日比野 ななえ 1/13 7:00 (96)(30)

ホームページの改善をしたら、その改善は成功だったのか失敗だったのか、気になりますよね。改善の結果がどうだったか、Google アナリティクスを使って必ず確認するようにしましょう。

日比野 ななえ 1/6 7:00 (21)

今回紹介する方法を使えば、「このページは必要かな?必要ないかな?」「トップページでどのページを目立たせたらいいのかな?」といったことを知りたい時に役立ちます。

日比野 ななえ 2016/12/16 7:00 (73)(22)

あなたのホームページを必要としている人に情報を届けるために、検索ユーザーがどんなキーワードを使っているのか、調査・分析してみましょう。

日比野 ななえ 2016/12/09 7:00

新規のお客さんがどのくらい訪問しているか知っていますか?また、新規のお客さんの満足度が高いページを知っていますか? 今回は、新規ユーザーにより満足してもらえるホームページを考えてみましょう。

日比野 ななえ 2016/12/02 7:00 (28)

今回はユーザーの年齢や性別を分析して、優良なユーザー属性をみつける方法をご紹介します。ご自身のホームページにはどんな属性のユーザーが訪問しているのか、設定をして分析してみてくださいね。

日比野 ななえ 2016/11/25 7:00 (57)

ユーザーが一番はじめに閲覧した入り口ページのことを「ランディングページ」といいます。ホームページの入り口はトップページだけではありません。ユーザーは様々なページを入り口にして訪問します。

日比野 ななえ 2016/11/18 7:00 (28)(21)

人気があるページはより魅力が伝わるように情報を強化し、人気がないページでもユーザーにとって必要なページであれば閲覧されやすいように動線を改善しましょう。

日比野 ななえ 2016/11/11 7:00 (49)

ユーザーはなにを求めているのか、どうしたら選んでもらえるのかを、Google アナリティクスの「キーワード」や、Google Search Consoleの「検索アナリティクス」で分析をしながら、ユーザーの気持ちになって考えましょう。

日比野 ななえ 2016/11/04 7:00

今回は、ホームページの目的からゴールを決めて改善する方法を考えていきます。みなさんも、ホームページの中で「ユーザーにどう行動をしてほしいか?」を考えて、目標設定をしてくださいね。

日比野 ななえ 2016/10/28 7:00 (43)

ホームページを見てもらうためには、集客が必要です。ユーザーが知りたい情報をきちんと載せてあれば、検索結果に表示されやすくなり、結果アクセスされるようになります。

日比野 ななえ 2016/10/21 7:00 (79)

今回は、Google アナリティクスを使って、具体的にどんなことがわかるのかを紹介します。

日比野 ななえ 2016/10/14 7:00 (134)(25)

運営しているホームページに、1日どのくらいの人が訪問しているか知っていますか?

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 2016/10/07 7:00 (94)(48)(25)

自分のデザインに限界を感じたり、業務が忙しくて制作を外部に委託したりする場合、色に関する指示が抽象的であれば、希望通りのデザインができあがる確率は減ってしまい、それが制作業者への不信感に変わったりもします。適切な指示は成果物のクオリティに直接影響するものです。デザインを外注する場合に準備しておくべき情報やその伝え方などをまとめます。

ページ

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グローバルナビゲーション
サイト全体で共通して表示されるナビゲーション。 多くの場合、第1階層(大カ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]