写真撮影入門(全12回) コーナーの記事一覧

ウェブサイトの印象は、写真によって決まるといっても過言ではありません。「写真撮影入門」では、ウェブサイトに掲載する写真撮影の考え方やテクニックを解説します。
icon このコーナーについて

ウェブサイトの印象は、写真によって決まるといっても過言ではありません。「写真撮影入門」では、ウェブサイトに掲載する写真撮影の考え方やテクニックを解説します。

(全 12 記事)

鍋坂 樹伸 7/7 7:00

写真撮影入門ではこれまで11回にわたって、カメラの使い方や撮影方法、ウェブサイトに掲載する写真の考え方を解説してきました。写真撮影の現場では、瞬発的なアイデアのひらめきが必要だったり、時間との勝負がつきまといます。なるべく効率的に、意図したとおりの写真撮影を行うにはどのようにしたら良いのでしょうか。 第12回目は、撮影現場での動きについて解説します。

鍋坂 樹伸 6/23 7:00

みなさんは普段どのような記録形式で写真を撮影していますか?jpgデータで撮影することが多いと思いますが、「RAW(ロウ)データ」や「RAW現像(げんぞう)」という言葉を聞いた事はありますか? 実はこのデータは、とても便利な記録形式です。 第11回目は、デジタル一眼での撮影にとても有効な「RAWデータ」について解説します。

鍋坂 樹伸 6/9 7:00 (21)

みなさんは屋外で写真撮影をするとき、太陽の位置を確認して撮影していますか? 屋外では唯一の光源である「太陽」の動きを考え撮影すると、同じ被写体を撮影してもまったく違う雰囲気の写真に仕上がります。 第10回では、太陽光線と写真の関係について解説します。

鍋坂 樹伸 5/26 7:00

みなさんは「ライティング」という言葉を聞いたことがあると思います。 被写体に光をあてるということですが、「なんだか難しそう」だと考えていませんか? 第9回では、手軽で簡単にできる撮影時の「ライティング」について解説します。 <今回の撮影現場> 撮影場所:高松市郊外の生花店 営業時間:9:00~19:00 利用者層:社会人全般(やや女性が多い)

鍋坂 樹伸 5/12 7:00 (56)

会社や店舗にとってスタッフ(社員)は、商品(製品、サービス)や設備と並ぶ重要な財産です。 スタッフのことを「人材」ではなく、「人財」と表現することもあります。 より良い製品が生まれる源にも必ず「人」が存在します。 第8回では、ウェブサイトに掲載する「人物写真」の意味や考え方について解説します。 <今回の撮影現場> 撮影場所:高松市の魚料理のお食事処 営業時間:17:00~22:00 利用者層:社会人全般・家族づれ

鍋坂 樹伸 4/14 7:00 (96)(21)

ウェブサイトには、さまざまな写真を掲載します。 利用者は文章を読み、写真を見ることで、必要な情報を得るだけでなく、感情が動かされ、実際にお店に行ってみよう、商品を買ってみようという気持ちになります。 第7回では、ウェブサイトの看板となる、キービジュアルの撮影方法について解説します。

鍋坂 樹伸 3/31 7:00 (308)(32)

みなさんは、普段どのような「撮影モード」で撮影することが多いですか?オートでしか撮影したことがないなら、ほかの撮影モードにチャレンジしてみましょう。 第6回では、背景のぼかし方をコントロールする「絞り優先オート」と、被写体の動きをコントロールする「シャッター速度優先オート」について解説します。

鍋坂 樹伸 3/17 7:00

撮影した写真が目で見たような色にならず、残念な経験をしたことはありませんか?カメラには簡単に色味を変えられる「ホワイトバランス」(以下WB)という機能があります。第5回目は、WB設定について解説します。

鍋坂 樹伸 3/3 7:00

みなさんはウェブサイトの写真を見たとき、魅力的に感じるときと感じないときのポイントは何でしょうか。「構図」ですか、「色味」ですか、それとも「明るさ」でしょうか。 普段私も、ネットでショッピングをします。 その時、購入意欲や閲覧意欲がそがれる要因のひとつが「暗い写真」が公開されているケースです。 第4回目は、写真の魅力を決める大きな要因である「明るさ」について解説します。

鍋坂 樹伸 2/17 7:00 (30)(21)

ウェブサイト用かどうかに関わらず、写真撮影の基本は「ピント」と「構図」を理解することです。第3回では、撮影の失敗を少しでも減らすために不可欠な「ピント」と「構図」を、実例を交えながら解説します。

鍋坂 樹伸 2/3 7:00 (54)(25)

みなさんは、写真を通して利用者に何を伝えたいですか。 利用者はウェブサイトの中で、どのような写真が見たいのでしょうか。 ウェブサイトに掲載する写真は、大きく分けて2種類です。 第2回目は、目的に応じて写真を撮り分ける考え方について解説します。

鍋坂 樹伸 1/20 7:00 (177)(36)

「写真撮影入門」では、ウェブサイトに掲載する写真撮影の考え方やテクニックを解説します。 ウェブサイトの印象は、写真によって決まるといっても過言ではありません。 写真は企業イメージや製品への思いを伝えたり、他社との差別化をはかったり、見た人にインパクトを与えます。これから12回に渡って学んでいきましょう。 第1回は「写真撮影の予備知識」です。

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

パーマリンク
ページそれぞれを指し示すURLで、時間が経過してもそのURLでそのコンテンツにア ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]