衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

1か月スパンの利用パターンを見たい場合

ページ

1か月スパンの利用パターンを見たい場合

1か月スパンを確認したいときは、デフォルトの過去31日を日別で見るという標準パターンで、平日と休日の違いを約4週間分見ることができる。個人的には、このデフォルトの設定が非常に優れている見せ方だと思うが、提出するレポートの場合は、区切り方が恣意的だと変に疑問を持たれる可能性もあるので、直観的にわかりやすいように「前月の1か月」を選択するのがい良いだろう。

集計対象期間前月の1か月(1日から末日)、あるいはデフォルト(31日前から前日まで)
表示単位
図6:1か月スパンの利用パターン
図6:1か月スパンの利用パターン
(「集計対象期間:前月」×「表示単位:日」の出力例)

季節変動を見たい場合

年間くらいの長さで、季節変動を見たいようなときは、集計対象期間は最近の1年間を選択し、グラフの表示単位で「月」を選択するとよいだろう。直観的にわかりやすいように1月1日~12月31日を対象期間にするのがよい。

集計対象期間前年の1年(1月1日~12月31日)
表示単位
図7:あるサイトの1年間の月別利用パターン
図7:あるサイトの1年間の月別利用パターン
(「集計対象期間:前年」×「表示単位:月」の出力例)

図7で選択した2011年の比較対象として、さらにその前年の2010年(オレンジ色の線)を重ねて表示したグラフが図8だ。

図8:あるサイトの月別利用パターンを2年分重ねて表示した例
図8:あるサイトの月別利用パターンを2年分重ねて表示した例

このサイトは特に季節性の高い商品などを専門に扱っているわけではないので、明確な季節性のようなものは現れていない。これは図5で説明したように、集計対象期間に「2011年1月1日~12月31日」を指定した上で、「比較」のチェックボックスをONにして、「前の期間」を選択してもよい。

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。 → Google アナリティクス ゼミナール

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]