Web担当者・三ノ宮純二

「ネットという手段」はWeb担当者の「目的」ではない

ページ

よろしければこちらもご覧ください
ここから始まります
萌絵「……本当に鈴木さんは」
三ノ宮純二「鈴木さん?」
萌絵「ううん、鈴木部長は!」
「でも、急に売上が2倍なんて、何したんですかぁ?」
三ノ宮純二「これさ」
萌絵「DM(ハガキ)?」
三ノ宮純二「この前さ、萌絵ちゃんメルマガよりハガキの方がいいって言ってたでしょ?」
「『IT情報』って便利だけど無視しやすいのかなってでもハガキって『モノ』だから手にしたら、一度は必ず読んでもらえるそこに賭けてみたんだ」
三ノ宮純二「あと、以前に買ったコトがある人なら買うかなって注文履歴調べてさ」
萌絵「先輩 それ外回りだとフォロー営業っていうんですよね」
三ノ宮純二「耳が痛いよ疎かにしてたんだね」
萌絵「いつ外回りになっても大丈夫そうですね!」
三ノ宮純二「それだけは勘弁〜〜残りもガンバるぞー!」

第2回に続く

「ネットという手段」はWeb担当者の「目的」ではない

ホームページで売上を立てるためにメルマガ、ブログ、バナー、検索連動広告といった「ネット内」の手法だけで考えるのは純粋すぎます。ほめ言葉ではありません。手段に縛られ目的が遠ざかってしまいます。

目的は儲けること。ハガキという「物」を通じてお客さんと「接触」できるDMも目的達成のための方法です。多くの「お客さん」はネットに接していない時間の方が長いのですから、非ネット時間にどうアプローチするかも重要なネット戦術なのです。テレビCMの「今すぐWebへ」も同じ。とはいえ、主人公の三ノ宮くんはハガキで「成功」したわけではなくピンチをしのいだだけなのですが。(宮脇睦)

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

専用線
ネットワーク接続の(契約)方式。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]