コメント投稿

コロナ禍で“販売苦戦した商品”1位は? 言われれば納得のランキングが発表【インテージ調べ】

「外出の自粛」「マスクの着用」「衛生意識の高まり」などが、さまざまな商品に想定外の影響。
よろしければこちらもご覧ください

インテージは、全国約4,000店舗より収集している小売店販売データ「SRI」(全国小売店パネル調査)、全国15歳~79歳の男女52,500人の消費者から収集している買い物データ「SCI」(全国消費者パネル調査)をもとに、「2020年、今年販売苦戦したランキング」を発表した。主にSRIの推定販売金額からランキングを集計している。

販売に苦戦した商品、トップ10のうち半分が「化粧品」

新型コロナウイルスの影響により、「外出の自粛」「マスクの着用」「衛生意識の高まり」などが発生したことで、2020年はさまざまな商品販売に想定外の影響を与えたと考えられる。

2020年の販売金額を前年比で見ると、ワースト1位は「口紅」(前年比44%)だった。花粉症の流行などもあり、日本は比較的マスク着用率が高いと言われている。コロナ禍によりそれがさらに進んだことで、口紅をしない人、口紅のマスク移りを気にする人、外出しないので化粧を控える人が増え、販売苦戦につながったと考えられる。

4位「ほほべに」66%、5位「ファンデーション」68%、6位「化粧下地」72%、7位「おしろい」79%も同様の理由が想定され、トップ10のうち半分が化粧品ジャンルに属していた。なお、化粧品カテゴリを細分化して見ると、基礎化粧品や眉・目の化粧品は売上をキープしていた。

 
 

また、売上苦戦2位の「鎮暈剤(酔い止めなど)」54%は、外出自粛で移動機会が減少したことで、需要が減ったと考えられる。市販薬をカテゴリー別で見ると、非常事態宣言とゴールデンウィークが重なった4月後半~5月上旬において、低下が目立つ。

その他、「強心剤」「鎮咳去痰剤」「ビタミンB1剤」「目薬」などが低下したのは、訪日旅行者による購入が少なくなったためと考えられる。

 

一方で9位「総合感冒薬」は、コロナ対策の徹底により、一般的な風邪やインフルエンザが低減傾向を示したことで、売上が低減したと考えられる。

 

調査概要

  • 【使用したデータ/関連プラットフォーム】
    • SRI(全国小売店パネル調査):スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター・ディスカウントストア、ドラッグストア、専門店など全国約4,000店舗より継続的に販売情報を収集。
    • SCI(全国消費者パネル調査):全国15歳~79歳の男女52,500人の消費者から継続的に買い物データを収集。
  • 【調査期間】2020年1月~10月分
よろしければこちらもご覧ください
1740
1740
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル