コメント投稿

アクセス数が増えない【ゼロクリックリサーチ】|今後の対策とは

Googleの検索エンジンは、常に変化し続けています。その結果、ユーザーの検索行動が変化して島サイトに流入しづらくなってしまうという影響が発生しています。原因のひとつとして考えられるのは「ゼロクリックリサーチ」というものです。Webサイトへの流入を増やすにはSEOと併せて「ゼロクリックリサーチ」にも対策しなければなりません。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

今回「Grab」ではゼロクリックリサーチに視点を当て、発生する理由や具体的な対策を開設いたします。

最近急にサイトへの流入が減ってしまったという方やWebマーケターに必見の記事ですので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもゼロクリックリサーチとは?

「ゼロクリックリサーチ」とは、ユーザーがキーワードを検索した際に知りたかった情報をサイトに訪れることなく手に入れてしまい、ブラウザバックすることです。

アメリカの調査で、Googleオーガニック検索を行ったユーザーの約50%以上がゼロクリックリサーチで必要な情報を集めているというデータがあります。

では、なぜ50%以上の方がゼロクリックリサーチで終了してしまうのでしょうか。

 

詳細はぜひGrabでご覧くださいませ。

>> アクセス数が増えない【ゼロクリックリサーチ】|今後の対策とは

よろしければこちらもご覧ください
000
000
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル