目標コンバージョン単価: コンバージョン オプティマイザーの新しいオプション | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2010年5月10日(月) 08:38
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「目標コンバージョン単価: コンバージョン オプティマイザーの新しいオプション」 からご覧ください。
Posted by 水谷 嘉仁 プロダクトスペシャリストチーム

本日は、コンバージョン オプティマイザーの新しいオプションについてお知らせいたします。

この新しいオプションは目標コンバージョン単価と呼ばれるもので、1 回のコンバージョンに対してお支払い可能な上限額の代わりに平均額を設定していただけるようになります。

すでにご存知の方も多くいらっしゃることと存じますが、ここで、まず始めにコンバージョン オプティマイザーについて簡単にご説明いたします。コンバージョン オプティマイザーは AdWords の単価設定機能の 1 つで 2007 年にリリースされました。この機能を使用すると、投資収益率が高くなるよう、コンバージョン トラッキングのデータを使用してオークションのたびに入札単価が自動調整されます。 この機能をご利用になった広告主様からは投資収益率がアップしたとのご好評の声をいただいており、実際の調査結果からも、この機能を使用した場合、平均してコンバージョン数が 21 % 増え、コンバージョン単価が 14 % 抑えられることがわかっています。*

今回、コンバージョン オプティマイザーに新たなオプションを追加することになったのは、広告主様のご意見に基づくもので、オンライン広告においては、これまでのように上限コンバージョン単価を設定するのではなく、目標(平均)コンバージョン単価を基準としたほうが管理しやすいとのご要望を数多くいただいたためです。この目標コンバージョン単価という新しいオプションにより、コンバージョン オプティマイザーを投資収益率の向上により一層ご活用いただければ嬉しく思います。

なお、コンバージョン オプティマイザーで引き続き上限コンバージョン単価の使用をご希望の場合は、キャンペーンの設定を変更される必要はありませんが、今後、目標コンバージョン単価を基準とした管理をご希望の場合は、ぜひこのオプションをお試しください。

目標コンバージョン単価を有効にするには、アカウントの [設定] タブで [コンバージョンを重視] を選択して、[詳細オプション] をクリックします。また、コンバージョン オプティマイザーを使用するための条件として、事前にキャンペーンでコンバージョン トラッキングを設定して、過去 30 日間に 15 件以上のコンバージョンが記録されている必要があります。
















投資収益率を重視される広告主様で、コンバージョン オプティマイザーをまだご利用でない方は、この機会にぜひお試しになることをおすすめいたします。コンバージョン オプティマイザーの導入事例や仕組みなどの詳細につきましては、次の URL をご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/adwords/conversionoptimizer/


* コンバージョン オプティマイザーを使用しているキャンペーンとその他の方法で管理しているキャンペーンの掲載結果を年単位で比較し、コンバージョン オプティマイザーによる平均的な影響を分析した結果によるものです。実際の成果はキャンペーンによって異なりますのでご了承ください。
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]