【楽天SOY2023】総合グランプリはヤマダ電機、2位はゼビオ、3位は「サプリ専門SHOP シードコムス」 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2024年1月24日(水) 20:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「【楽天SOY2023】総合グランプリはヤマダ電機、2位はゼビオ、3位は「サプリ専門SHOP シードコムス」」 からご覧ください。

楽天は1月24日、「楽天市場」に出店する5万5000店舗以上のなかから、「購入者からの投票」「2023年の売り上げや受注件数」などを主な基準に優れたショップを選出して表彰する「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2023(楽天SOY2023)」を開催し、「ヤマダ電機 楽天市場支店」(運営はヤマダ電機)が総合グランプリを受賞した。

楽天は1月24日、「楽天市場」に出店する約5万5000店舗のなかから、「購入者からの投票」「2023年の売り上げや受注件数」などを主な基準に優れたショップを選出して表彰する「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2023(楽天SOY2023)」を開催し、「XXXXX」(運営はXXXXX)が総合グランプリを受賞した 総合グランプリのヤマダ電機総合グランプリの「ヤマダ電機」

総合2位は、ゼビオコミュニケーションネットワークスが運営する「SuperSportsXEBIO 楽天市場支店」。2023年の「楽天SOY2022」は総合4位だった。

楽天は1月24日、「楽天市場」に出店する約5万5000店舗のなかから、「購入者からの投票」「2023年の売り上げや受注件数」などを主な基準に優れたショップを選出して表彰する「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2023(楽天SOY2023)」を開催し、「XXXXX」(運営はXXXXX)が総合グランプリを受賞した 総合2位の「SuperSportsXEBIO楽天市場支店」総合2位の「SuperSportsXEBIO楽天市場支店」

3位は「サプリ専門SHOP シードコムス」(運営はエフ琉球)で、2023年の「楽天SOY2022」も総合3位。2年連続の3位受賞となった。

楽天は1月24日、「楽天市場」に出店する約5万5000店舗のなかから、「購入者からの投票」「2023年の売り上げや受注件数」などを主な基準に優れたショップを選出して表彰する「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2023(楽天SOY2023)」を開催し、「XXXXX」(運営はXXXXX)が総合グランプリを受賞した 総合3位の「サプリ専門ショップシードコムス」総合3位の「サプリ専門SHOPシードコムス」

4位は「Z-CRAFT」(運営はロイヤル)、5位はアットコンタクト(運営はカズマ)、6位は「リカーBOSS 楽天市場店」(運営はモリフジ)、7位は「FANCL公式ショップ楽天市場店」(運営はファンケル)、8位は「アースコンタクト」(運営はブラスト)、9位は「野球用品ベースボールタウン」(運営はB.B.T)、10位は「ソムリエ@ギフト」(運営はベルヴィ)。

「楽天SOY2023」総合賞上位10店舗
賞名 店舗名 企業名 総合グランプリヤマダ電機 楽天市場店株式会社ヤマダデンキ 総合2位SuperSportsXEBIO楽天市場支店

ゼビオコミュニケーションネットワークス株式会社

総合3位サプリ専門SHOPシードコムス株式会社エフ琉球 総合4位Z-CRAFT株式会社ロイヤル 総合5位アットコンタクト株式会社カズマ 総合6位リカーBOSS 楽天市場店株式会社モリフジ 総合7位FANCL公式ショップ 楽天市場店株式会社ファンケル 総合8位アースコンタクト株式会社ブラスト 総合9位野球用品ベースボールタウン株式会社B.B.T. 総合10位ソムリエ@ギフトベルヴィ株式会社

「楽天SOY2023」の模様はオンデマンド配信で実施、受賞ショップのみオフラインで参加した。プロ野球ドラフト会議などが行われるグランドプリンスホテル新高輪で行った。

楽天は1月24日、「楽天市場」に出店する約5万5000店舗のなかから、「購入者からの投票」「2023年の売り上げや受注件数」などを主な基準に優れたショップを選出して表彰する「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2023(楽天SOY2023)」を開催し、「XXXXX」(運営はXXXXX)が総合グランプリを受賞した ジャンル賞受賞のようす
楽天は1月24日、「楽天市場」に出店する約5万5000店舗のなかから、「購入者からの投票」「2023年の売り上げや受注件数」などを主な基準に優れたショップを選出して表彰する「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2023(楽天SOY2023)」を開催し、「XXXXX」(運営はXXXXX)が総合グランプリを受賞した ジャンル賞受賞のようすジャンル賞受賞のようす
過去の総合賞上位店舗 2023年の「楽天SOY2022」

「アルペン楽天市場展」(運営はアルペン)が総合グランプリを受賞した。総合2位は、ドラッグストアチェーン「サンドラッグ」を展開するサンドラッグ運営の「サンドラッグe-shop」。総合3位は、健康食品を沖縄県から販売する「サプリ専門SHOPシードコムス」(運営はエフ琉球)が受賞した。

「楽天SOY2022」総合賞上位10店舗
賞名 店舗名 企業名 総合グランプリアルペン楽天市場店株式会社アルペン 総合2位サンドラッグe-shop株式会社サンドラッグ 総合3位サプリ専門SHOPシードコムス株式会社エフ琉球 総合4位SUPER SPORTS XEBIO 楽天市場店ゼビオ株式会社 総合5位イーベストPC・家電館株式会社ストリーム 総合6位澤井珈琲 Beans & Leaf株式会社澤井珈琲 総合7位暮らし健康ネット館e-net shop株式会社 総合8位イーザッカマニアストアーズ有限会社ズーティー 総合9位姫路流通センターアットライフ株式会社 総合10位野球用品ベースボールタウン株式会社B.B.T.
2022年の「楽天SOY2021」

「Joshin web 家電とPCの大型専門店」(運営は上新電機)が総合グランプリを2年連続で受賞した。総合2位は、家電やデジタル製品、日用品などを扱う「XPRICE楽天市場店」(運営はエクスプライス)。総合3位は、スポーツ用品「アルペン楽天市場店」を運営するアルペンが受賞した。

「楽天SOY2021」総合賞上位10店舗
賞名 店舗名 企業名 総合グランプリJoshin web 家電とPCの大型専門店上新電機株式会社 総合2位XPRICEエクスプライス株式会社 総合3位アルペン楽天市場店株式会社アルペン 総合4位タマチャンショップ有限会社九南サービス 総合5位越前かに職人甲羅組株式会社伝食 総合6位サプリ専門SHOPシードコムス株式会社エフ琉球 総合7位くらしのeショップ株式会社山善 総合8位タンスのゲン Design the Futureタンスのゲン株式会社 総合9位サンドラッグe-shop株式会社サンドラッグ 総合10位澤井珈琲 Beans & Leaf株式会社澤井珈琲
2021年の「楽天SOY2020」

「Joshin web 家電とPCの大型専門店」(運営は上新電機)が総合グランプリを受賞。総合2位は「ヤマダ電機 楽天市場店」(運営はヤマダ電機)。総合3位は、家電やデジタル製品、日用品などを扱う「A-PRICE楽天市場店(現在の店舗名は「XPRICE楽天市場店」)」(運営はMOA、当時 ※現在の社名はエクスプライス)だった。

「楽天SOY2020」総合賞上位10店舗
賞名 店舗名 企業名 総合グランプリJoshin web 家電とPCの大型専門店上新電機株式会社 総合2位ヤマダ電機 楽天市場店株式会社ヤマダ電機 総合3位A-PRICE株式会社MOA 総合4位アルペン楽天市場店株式会社アルペン 総合5位モダンデコモダンデコ株式会社 総合6位くらしのeショップ株式会社山善 総合7位タマチャンショップT有限会社九南サービス 総合8位サプリ専門SHOPシードコムス株式会社エフ琉球 総合9位タンスのゲン Design the Futureタンスのゲン株式会社 総合10位越前かに職人甲羅組株式会社伝食
2020年の「楽天SOY2019」

家電やデジタル製品、日用品などを扱う「A-PRICE楽天市場店(現在の店舗名は「XPRICE楽天市場店」)」(運営はMOA、当時 ※現在の社名はエクスプライス)が総合グランプリを初受賞。総合2位は山善が運営する「くらしのeショップ」、総合3位はアルペンが運営する「アルペン楽天市場店」だった。

「楽天SOY2019」総合賞上位10店舗
賞名 店舗名 企業名 総合グランプリA-PRICE株式会社MOA 総合2位くらしのeショップ株式会社山善 総合3位アルペン楽天市場店株式会社アルペン 総合4位サプリ専門SHOP シードコムス株式会社エフ琉球 総合5位アースコンタクト株式会社ブラスト 総合6位& Habit株式会社I-ne 総合7位Think Rich StoreThink Rich Store 総合8位タオル直販店 ヒオリエ/日織恵株式会社丸中 総合9位アットコンタクト株式会社カズマ 総合10位サンドラッグe-shop株式会社サンドラッグ
2019年の「楽天SOY2018」

スポーツ用品小売チェーンのヒマラヤが運営する「ヒマラヤ楽天市場店」が総合グランプリを初受賞。総合2位は「タンスのゲン Design the Future」(運営はタンスのゲン)。総合3位は山善の「くらしのeショップ」。

2018年の「楽天SOY2017」

総合グランプリに女性向けアパレルや雑貨の「soulberry」(運営はグァルダ)。2位は自然食品を扱う「タマチャンショップ」(運営は九南サービス)、総合3位は「タンスのゲン Design the Future」が受賞した。

2017年の「楽天SOY2016」

グランプリは家電などを取り扱う「Joshin web 家電とPCの大型専門店」(運営:上新電機)、2位は「エディオン楽天市場店」(運営:エディオン)、3位は「ビックカメラ楽天市場店」だった。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:【楽天SOY2023】総合グランプリはヤマダ電機、2位はゼビオ、3位は「サプリ専門SHOP シードコムス」
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Atom
(1)フィードのフォーマットの一種 インターネットの更新情報を配信するため ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]