BEENOSが従量課金型の物流サービス「国際配送代行サービス」を提供開始 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2023年12月8日(金) 10:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「BEENOSが従量課金型の物流サービス「国際配送代行サービス」を提供開始」 からご覧ください。

BEENOSは、従量課金型の海外向け物流サービス「国際配送代行サービス」の提供を開始する。BEENOSの100%子会社tensoが運営し、配送パートナー企業と連携して提供する。

「国際配送代行サービス」とは

「国際配送代行サービス」は、BEENOSグループのパートナーである配送会社、ECサイト運営事業者、海外に商品を送りたい事業者をマッチングし、海外への荷物配送業務を行うサービス。ECサイト運営企業の倉庫・出荷(輸出)作業をすべてBEENOS倉庫にアウトソースでき、海外向けオペレーションをBEENOSが担う。

BEENOS 国際配送代行サービス 物流代行 アウトソースBEENOSが提供する新サービス「国際配送代行サービス」

サービスの主な特徴は次の通り。

  • 月間1件からアウトソース可能
  • 固定費は発生せず、1件あたりの出荷手数料450円(税抜)、運賃、物量に応じた保管料が発生する
  • 海外の一般消費者向けのEC輸送だけでなく、BtoBの取引にも対応可能
  • インバウンド顧客が購入した商品の配送、免税カウンター向けの配送などにも対応する
BEENOS 国際配送代行サービス 物流代行 サービスの特徴「国際配送代行サービス」の特徴(画像はBEENOSのサイトからキャプチャ)

入庫、海外配送に対応した梱包(資材費込み、170サイズまで変動なし)、書類作成、カスタマーサポートを行う。

事業者は商品の事前保管または受注ベースで商品をBEENOS倉庫に搬入。受付情報をシステム連携などで共有した後、最短で出荷作業を行う流れだ。出荷後には送り状番号を事業者側に連携する。

BEENOS 国際配送代行サービス 物流代行 サービスの運用イメージサービスの運用イメージ

サービス提供開始に関し、BEENOSは「『売り上げを伸ばす』体制への資本・リソースの集中、配送業務から解放されることによる組織の軽量化、物流コストの削減という価値を事業者に提供していく」とコメントした。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:BEENOSが従量課金型の物流サービス「国際配送代行サービス」を提供開始
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]