「商品パッケージでの配達」に7割の消費者が抵抗なし。Amazonはグローバルで全商品の11%を追加梱包なしで配送 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2023年11月29日(水) 07:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「「商品パッケージでの配達」に7割の消費者が抵抗なし。Amazonはグローバルで全商品の11%を追加梱包なしで配送」 からご覧ください。

アマゾンジャパンが11月22日に発表した「オンラインショッピングと配送用梱包に関する意識調査」によると、ECで注文した商品に対して、日本の消費者の71%は商品パッケージのままで届けられることに抵抗感がないことがわかった。

商品パッケージのままで配達されることに対して抵抗感がないモノは、洗剤、トイレットペーパー、文房具など。生理用品などのパーソナルケア商品は、配送用梱包での配達を希望している。

調査に参加した53%は、商品パッケージのままで配達するメリットとして「追加の梱包を処分・リサイクルする時間を省くことができる」と回答。「梱包資材の削減につながる」は47%だった。

Amazonは、さまざまなサイズや種類の梱包材を用いて商品それぞれに適した梱包を推進。メーカー各社との協業、フルフィルメントセンター(物流拠点)のオペレーション、配送プロセスの改良を重ね、ベビー用の紙おむつや掃除用具、ペットボトル飲料など多くの商品を商品パッケージのまま配達している。

また、機械学習などの技術を用いて商品群を分析、商品パッケージのままで配送可能な商品を選定。対象となる商品は審査の結果、確実に顧客に届けられていることを確認しているという。

アマゾンジャパンの「オンラインショッピングと配送用梱包に関する意識調査」によると、ECで注文した商品に対して、日本の消費者の71%は商品パッケージのままで届けられることに抵抗感がないことがわかった追加梱包なしの配達イメージ

Amazonは2015年から、グローバルで1出荷当たりの梱包重量を平均41%、梱包資材200万トン以上を削減。2022年に全世界で出荷した商品のうち11%は、追加梱包を省いて配送したという。

追加梱包を省くことで梱包資材を削減するほか、段ボール箱や紙袋の開封による処分・リサイクルの手間を減らしている。配達荷物の軽量化にもつながっており、配送に伴うパッケージあたりの温室効果ガス排出量削減にも貢献しているという。

調査は2023年10月、英国の調査会社に委託して実施した。対象はオンラインショッピングを利用している日本在住の18歳以上2000人。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:「商品パッケージでの配達」に7割の消費者が抵抗なし。Amazonはグローバルで全商品の11%を追加梱包なしで配送
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
クローラーが、インターネット上にあるWebサイト上の文書や画像を巡回(クローリン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]