アルペンが物流DX促進で6割の省人化を実現する新倉庫とは | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2022年6月23日(木) 07:30
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「アルペンが物流DX促進で6割の省人化を実現する新倉庫とは」 からご覧ください。

スポーツ用品販売のアルペンは2024年初旬、アパレル、シューズカテゴリーの専用倉庫として、愛知県大口町に4万3000平方メートルの大型倉庫(大口ディストリビューションセンター)を稼働させる。

迅速かつ効率的な供給ができる物流システムを構築するのが目的。倉庫業を手がける福玉と協業する。

スポーツ用品販売のアルペンは2024年初旬、アパレル、シューズカテゴリーの専用倉庫として、愛知県大口町に4万3000平方メートルの大型倉庫(大口ディストリビューションセンター)を稼働させる新倉庫の外観

倉庫には村田機械による国内最大規模の搬送機器「シャトル型自動倉庫」、省スペースで高能力を実現した仕分け機「クロスベルトソーター」を導入。最新マテハン機器による物流業務削減の省人化効果は既存倉庫と比べて6割を見込んでいる。

アルペンは、アパレル、シューズ、小物(フィットネス用品やサポーターなど)、大物(キャンプ用品やゴルフキャディバッグなど)など幅広いカテゴリーの商品を取り扱っている。物流面ではそれらを効率的に仕分け、店舗に届けるにはさまざまな課題を抱えていた。新倉庫では、カテゴリー別に物流網を再整理。効率的で無駄がなく変化に対し柔軟対応できる物流網を構築するという新物流戦略を立案している。

その第1弾として2021年・大物、小物カテゴリーの専用倉庫(小牧ディストリビューションセンター)を稼働。小物倉庫においては国内初導入となる3Dロボット倉庫システム「ALPHABOT」を2021年11月に稼働している。

大型倉庫の新設は第2弾として位置づける。アパレルとシューズを1つの拠点に集約することで投資を集中、高いコスト効率と投資効果を生み出す。これらの新物流戦略を実践することで、以下の3点の実現を見込んでいる。

  • 店舗までの供給リードタイムの大幅短縮化
  • 売場/ブランド別梱包納品による店舗品出しまでの作業簡素化
  • 出荷物量コントロールによる庫内作業人数および配送の最適化
6割の作業削減効果を生み出す新倉庫

大口ディストリビューションセンターでは、1階に設置するシャトル型自動倉庫と、3階に設置するクロスベルトソーターを、自動倉庫の入出庫装置で直結。そのため自動倉庫からの商品の出庫、オーダー商品のピッキングとソーターへの投入、ソーターでのオーダー別仕分けまで、一連の工程がシームレスにつながる。

スポーツ用品販売のアルペンは2024年初旬、アパレル、シューズカテゴリーの専用倉庫として、愛知県大口町に4万3000平方メートルの大型倉庫(大口ディストリビューションセンター)を稼働させる新倉庫内の仕組み

従来の手作業によるオーダー商品のピッキング・仕分け運用に比べて、「探さない」「歩かない」「運ばない」を実現。出荷ケースの自動製函機や自動封緘機、自動サイズ計量器などの機器も導入している。自動化レベルの高いラインを構築し、約60%の作業工数削減を実現させる。

シャトル型自動倉庫は、保管棚の各段を走行する搬送台車が商品ケースを搬送し、入出庫装置を経由してピッキングステーションに届ける機器。各段に搬送台車があるため、時間当たりの入出庫能力が高いのが特長となっている。

また、一定範囲内の荷姿であれば自動移載できるフリーサイズ対応で、さまざまな商品ケースに柔軟に対応。棚一間口に奥行2列で商品ケースを保管できる最新型のダブルディープタイプを採用、アルペンが扱う多様な商品アイテムを高密度に保管する。

大口ディストリビューションセンターのシャトル型自動倉庫は全長100メートル超、シャトル型自動倉庫としては国内最大級の約10万ケースが保管可能となる。クロスベルトソーターは、水平方向の移載にベルトコンベヤを使用した自動仕分け装置。さまざまな荷姿を安定して仕分けられるため高速で運用でき、時間当たりの仕分け能力が高いという。

スポーツ用品販売のアルペンは2024年初旬、アパレル、シューズカテゴリーの専用倉庫として、愛知県大口町に4万3000平方メートルの大型倉庫(大口ディストリビューションセンター)を稼働させる村田機器製の「シャトル型自動倉庫」「クロスベルトソーター」

国内最高クラスの出荷能力を、コンパクトなスペースで実現した大口ディストリビューションセンターは、将来のマテハン機器の増設も容易な計画で、アルペン新物流戦略を中長期で支える物流センターをめざす。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:アルペンが物流DX促進で6割の省人化を実現する新倉庫とは
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

石居 岳
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]