TikTok広告は記憶に残りやすい | インターネット広告のひみつ - ブログ

このページは、外部サイト インターネット広告のひみつ - ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「TikTok広告は記憶に残りやすい」 からご覧ください。

ティックトックがメディアサイエンスに委託して実施したニューロマーケティング調査によると、ティックトック上の広告は競合プラットフォームより記憶に残りやすく、肯定的に認識されることが明らかになった。ティックトックのコンテンツは、最初の数秒のエンゲージメントが高いので、短い時間しか表示されない広告でも記憶に残りやすい。

Understanding attention on TikTok: Ads drive strong brand impact across view durations
https://www.tiktok.com/business/ja/blog/mediascience-study-brands-memorable-tiktok
最初の数秒でユーザーにインパクトを与えるTikTok広告、より効果的にするための3つのポイントとは
https://tiktok-for-business.co.jp/archives/9466/

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]