ビックカメラの連結EC売上は約9%増の1564億円、EC化率は18.8%【2021年8月期】 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2021年10月21日(木) 10:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ビックカメラの連結EC売上は約9%増の1564億円、EC化率は18.8%【2021年8月期】」 からご覧ください。

ビックカメラが発表した2021年8月期連結決算におけるグループの連結EC売上高は、前期比8.9%増の1564億円だった。

連結売上高は8340億6000万円で同1.6%減。連結売上高に占めるグループECの割合は18.8%。

ビックカメラグループの連結EC売上高連結EC売上の推移(画像はIR資料からキャプチャ)

ビックカメラグループのEC売上高は、ビックカメラ、コジマ、ソフマップのEC事業の売上高と、楽天ビックへの卸売りを合計した金額。

ビックカメラは販売チャネルごとの収益の可視化を進めている。2021年3-8月期(下期)に関し、事業部門に本社費を配賦する前の営業利益率は、EC部門(楽天ビックの卸売りを除く)で2.9%、実店舗は2.0%だった。

ビックカメラグループの物流拠点である船橋センターでは自動化を推進。2020年8月期には、棚移動型ロボットの稼働エリアを初期導入時に比べ3倍規模に拡大し、仕分けや保管の効率化、出荷キャパシティへの増加に対応するため大型マテハンを導入した。

2021年9月に本稼働をスタート。出荷可能件数は従来比で倍増、運用コストは自動化による人件費の抑制で吸収できるとしている。

ビックカメラグループの物流拠点である船橋センターでは自動化を推進

 

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:ビックカメラの連結EC売上は約9%増の1564億円、EC化率は18.8%【2021年8月期】
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

瀧川 正実
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]