ヤマト運輸、180サイズ・200サイズを新設。160サイズ以上の荷物配送サービス「ヤマト便」は廃止 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2021年7月21日(水) 09:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ヤマト運輸、180サイズ・200サイズを新設。160サイズ以上の荷物配送サービス「ヤマト便」は廃止」 からご覧ください。

ヤマト運輸は宅急便に、180サイズ、200サイズを新設する。2021年10月4日から運用をスタート。宅急便の規格を超える荷物の発送サービス「ヤマト便」を10月3日荷受け分で廃止する。

180サイズ(180センチメートル以内)、200サイズ(200センチメートル以内)を新たに設定する。180サイズ・200サイズともに重量は30kgまで。1辺の長さは170センチメートルが取り扱い上限。

ヤマト運輸は宅急便に、180サイズ、200サイズを新設する 宅急便新サイズ表(10月4日以降)宅急便新サイズ表(10月4日以降)

EC利用の拡大で小型の荷物だけではなく、地方の米や特産品、家具・家電など大型商品のEC購入が増えており、事業者側が宅配時に送る荷物サイズも多様化している。ヤマト運輸はこうした変化に対応する。

宅急便の上限サイズは160サイズで、それ以上の大きい荷物は「ヤマト便」(3辺合計200センチメートルまで、30kgまで)で扱ってきた。新サイズの新設で「ヤマト便」は廃止する。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:ヤマト運輸、180サイズ・200サイズを新設。160サイズ以上の荷物配送サービス「ヤマト便」は廃止
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

瀧川 正実
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]