2020/7広告業売上、全体では前年同月比19.8%減、マス4媒体は同26.2%減、ネット広告は同9.8%減 | Insight for WebAnalytics

Insight for WebAnalytics - 2020年9月17日(木) 10:39
このページは、外部サイト Insight for WebAnalytics の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「2020/7広告業売上、全体では前年同月比19.8%減、マス4媒体は同26.2%減、ネット広告は同9.8%減」 からご覧ください。

 2020/9/15の経済産業省の特定サービス産業動態統計調査から。

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

全体では前年同月比で19.8%減。消費増税と新型コロナ禍の影響か、大幅な減少が続いている。

テレビは同24.5%減、新聞は33.8%減、雑誌は45.1%減。インターネット広告は9.8%減。屋外広告は32.8%減。交通広告は38.7%減。折込・ダイレクトメールは26.6%減。

インターネット広告は二けたのマイナスは2カ月連続で辛うじてストップ。マス4媒体は10カ月連続ですべてマイナスと、2019年10月の消費増税以降の不調が続いている。雑誌のマイナスは63カ月連続、折込み・ダイレクトメールは44カ月連続マイナスといった状況。

新型コロナ禍でリアルイベントの縮小や人の移動自粛、繁華街からの混雑緩和などからか、「屋外広告」「交通広告」「SP・PR・催事企画」は概ね4月以降大幅減が続いている。



メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]