Search Console のエクスポート機能の改善とエクスポートできるデータの追加 | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Search Console のエクスポート機能の改善とエクスポートできるデータの追加」 からご覧ください。

Search Console のダウンロード機能の改善を求める多くの声を受け、エクスポートできるデータを追加し、エクスポート機能の改善を行ったことをお知らせします。

これにより、特定のテーブルビューだけでなく、ほぼすべての Search Console レポートに表示される全情報をダウンロードできるようになります。また、データを Search Console の外部から簡単に読み取れるようになり、必要に応じて、将来に備えて簡単に保存できるようになります。この記事の最後に、Search Console のツール以外から Search Console のデータを使用する方法についてのセクションがあります。

拡張レポートなど

AMP ステータスなどのレポートからデータをエクスポートする場合、従来のように詳細テーブルだけでなく、グラフの元となるデータをエクスポートできるようになります。つまり、問題とその影響を受けるページのリストに加え、ページの日別の内訳、ページのステータス、Google 検索結果のそのページのインプレッション数も確認できます。特定のドリルダウン ビューからデータをエクスポートする場合、エクスポートしたファイルでこのビューの詳細を確認できます。

Google スプレッドシートまたは Excel(新機能)を選択すると、2 つのタブを持つスプレッドシートが出力され、CSV 形式でのダウンロードを選択すると、2 つの CSV ファイルを含む ZIP ファイルが出力されます。

AMP ステータス レポートからダウンロードしたデータセットのサンプルを以下に示します。この記事の説明のためにスプレッドシートのタイトルを変更しましたが、元のタイトルにはドメイン名、レポート、エクスポートした日付が含まれています。

検索パフォーマンス レポート

パフォーマンス データに関しては、改善点が 2 つあります。

  1. ワンクリックですべてのタブのコンテンツをダウンロードできるようになりました。つまり、クエリ、ページ、国、デバイス、検索での見え方、日付に関するデータをすべてまとめて取得できるようになります。ダウンロードすると、上記の説明と同じように、複数のタブを持つ Google シートまたは Excel スプレッドシート、CSV ファイルをまとめた ZIP ファイルが出力されます。
  2. パフォーマンス データのほかに、[フィルタ] という追加のタブ(または CSV ファイル)もダウンロードされます。これは、データのエクスポート時に適用されたフィルタを示します。

検索パフォーマンス レポートからダウンロードしたデータセットのサンプルを以下に示します。

Search Console のツール以外から Search Console のデータを利用する方法

ここまでデータのエクスポートについて説明してきましたが、Search Console のツール以外から Search Console のデータを使用するための現時点の方法について説明します。データを別のデータセットと結合する、高度な分析を実施する、データを別の方法で視覚化するなど、お客様の会社にとって重要な特定のユースケースがある場合に、Search Console のツール以外からデータを使用します。

必要なデータとお客様の技術レベルに応じて、2 つのオプションを利用できます。

Search Console API

技術的知識がある場合や、お客様の会社の開発者によるサポートがある場合は、Search Console API の使用を検討するとよいでしょう。この API により、プロパティとサイトマップの表示、追加、削除、および Google 検索結果データに対する高度なクエリを行うことができます。

この API に関するドキュメントは多数ありますが、ここではこれから始める場合に役立つリンクをいくつか紹介します。

  1. 概要と前提条件に関するガイドでは、初めてクライアント アプリケーションを作成する前に行うべきことを順を追って説明しています。また、このセクションのサイドバーには、すべての検索データに対してクエリを行う方法に関するガイドなど、高度なガイドが用意されています。
  2. リファレンス セクションには、クエリ パラメータ、使用制限、API から返されるエラーに関する詳細が記載されています。
  3. API サンプルには、複数のプログラミング言語用にサンプルコードへのリンクが用意されており、API を初めて実行するのには最適です。
Google データポータル

Google データポータルは、さまざまなデータソースのデータを統合して調査し、インパクトのあるデータ ストーリーを示すのに便利なダッシュボード ソリューションです。このツールには Search Console コネクタが用意されており、さまざまな指標とディメンションをダッシュボードにインポートできます。このツールは、Search Console のデータを他のツールのデータと並べて表示する場合に役立ちます。

データポータルで利用可能な Search Console データのリストは次のとおりです。緑色のフィールドはディメンション、青色のフィールドは指標を表します。

試してみたい場合は、このテンプレートを使用してデータを視覚化できます。ページの右上隅にある [テンプレートを使用] をクリックすると自身のデータに接続します。レポートの使用方法とレポートから得られる分析情報の詳細については、この手順ガイドをご覧ください。実際にレポートを触ってみたい場合は、サンプルデータを使用した上記テンプレートに基づくレポートをご覧ください。

新しいダウンロード機能、または Search Console のデータの使用全般について、興味深いユースケースやコメントがある場合は、Twitter からお気軽にお知らせください。ぜひ、強化されたデータ エクスポートをご利用ください。

Posted by Sion Schori & Daniel Waisberg, Search Console team
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]