Google データポータル作成例:弊社(HAPPY ANALYTICS)の場合 | リアルアクセス解析

リアルアクセス解析 - 2020年4月28日(火) 12:05
このページは、外部サイト リアルアクセス解析 の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Google データポータル作成例:弊社(HAPPY ANALYTICS)の場合」 からご覧ください。

HAPPY ANALYTICSではGoogleデータポータルを利用して、自社の状況をモニタリングしています。どういったデータポータルを作成しているのか?全12ページの内容を紹介&解説しますね。

 参考になるかは分かりませんが、こんな感じの数値見ているのか、くらいの気持ちでご覧いただければ!

 

 

ページ1:月別KPI数値

メインのスライド。弊社ではファネルとして 弱リーチ⇒強リーチ⇒有効人数⇒商談数⇒売上 を設定しており、その数値がまず記載されています。

plain

左側はその詳細の数値。右側は月別の振り返りや行った施策などを中心に記載し、実施施策に関してはGoogle カレンダーと連携し、弱リーチや強リーチ等に繋がる施策の一覧を確認できるようになっています。

 

売上・商談に関してはSalesforceと連携してデータを取得しております。Facebook/Twitterの数値はGoogle データポータルのSuperMetricsのプラグインを利用して取得。後は大体GAですね。

 

ページ2:目標数値レポート(半期)

今年から半期単位で目標設定をしましたので、その進捗状況や過去の数値などを記載。累計での進捗を確認できるようにしています。

plain

ページ3:リード獲得レポート

マーケティングオートメーションツール「Pardot」を利用しているので、それをベースにしたレポートです。「累計のコンタクト出来る人数の推移」「アクティビティ数(メール開封やフォーム入力など賑やかさの指標として)「新規に増えたプロスペクト(名前・会社名等を入力してくれた方)」「Pardotからのメール配信内容とその送信数」「お問い合わせフォームのお問い合わせ内容」を見ています。

plain



 

ページ4:リードから商談レポート

リード(お問い合わせ等)から商談に繋がるまでの流れを見るためのレポートです。結構このレポートはがっつりやっており、GA⇔Pardot⇔Salesforceを連携しています。(概要としてはGAのカスタムディメンションにPardotのIDを設定し、GAのCookieIDもクロスドメインで取得し、後でそれをGoogle Spreadsheetでもろもろ連携みたいな感じです)

 

plain



列を簡単に説明すると

リード:お問い合わせいただいた日にち

最終アクティビティ:最後にサイトやメール開封等のアクションをした日にち

名前:お問い合わせ時の名称

スコア:見ていたサイト・行った行動・閲覧PV数などを元にスコアリング

会社名:お問い合わせ時の会社名

問合せ種別:お問い合わせ時に選んで項目

HA最終:HAPPY ANALYTICSのコーポレートサイトを最後に見た日時

ブログ最終記事:本ブログを見ていたか。見ていた場合最後に見た記事のタイトル

TO最終: https://www.takuogawa.com/ を最後に見た日時

成立日:案件になった時の案件成立日

案件:案件カテゴリ(コンサル・講座等)

商談名:具体的な商談名

金額:発生した売上

となっています。

 

弊社の場合、Facebookメッセージやメールで直接案件ご相談来ることも多いので、その場合はこのレポートに追加できないのが悩ましい(後述の商談レポートでは確認可能)。

 

ページ5:新規取引先責任者レポート

Salesforceの「取引先責任者」の内容を中心に表示。名刺交換で直接お会いしたり、案件で直接携わっている方の最新リストになります。前述のプロスペクトレポートはあくまでもPardotのフォーム経由の物になりますが、こちらはそれ以外も含めた形となっています。

plain



ページ6:商談情報

名前の通りですね、商談関連の数値をSalesforceから引っ張ってきています。工数管理などもしているおんで時間単価や一部外部にお願いしているので外注費や利益額なども見ております。

plain

右側の2つのリンクはSalesforce内のダッシュボードレポートに移動します。こちらでより詳細や変化を確認しています。

 

ここから先は細かいデータなので参考程度に

 

ページ7:コーポレート集客

HAPPY ANALYTICSのウェブサイトの集客状況。GAとサーチコンソールからデータを取得

plain

 

ページ8:コーポレート広告

FacebookとTwitter広告を行っているので、その結果をこちらでチェック。SuperMetricsのプラグインを使って対応

plain

 

ページ9:コーポレートサイト内

閲覧ページ・ダウンロードされたファイル・基本的な指標などをもろもろ

plain

ページ10:Twitter

会社のTwitterアカウントは無いので、個人のTwitterの結果を表示(セミナーやブログ等の案内を行っているので)。見ているのは大きく分けて3つ。「各投稿ごとの反応」「新規フォロワー数」「会社名・個人名・Twitter名への言及」

plain

 

ページ11:Facebook

Facebookは会社のページがあるので、そちらの内容を見れるようにしています。基本的な指標+投稿ごとの反応を見ています。

plain

ページ12:ブログ

本ブログの基本データです。全体数値、新着記事ソート、人気記事ソートになっています。

plain

 

 

という事で、HAPPY ANALYTICSのデータポータルの内容でした。皆さんなどのようなレポートを作成されているのしょうか?「こういうレポート見たほうが良いのでは?」とか「これオススメだよ!」みたいなのがあったら教えてくださいな。

 

また、弊社ではGoogle データポータルの作成サポートなども行っていますので、興味がありましたらお問い合わせくださいませ!

 

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]