青山商事がネットと実店舗の融合を進める「デジタル・ラボ」を地方郊外店に導入 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2019年12月2日(月) 09:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「青山商事がネットと実店舗の融合を進める「デジタル・ラボ」を地方郊外店に導入」 からご覧ください。

紳士服大手の青山商事は11月27日、ECサイトと実店舗が連動したシステム「デジタル・ラボ」の導入地域を地方の郊外店舗にも拡大すると発表した。

紳士服チェーン「洋服の青山」のフレスポ能代店(秋田県)、鶴岡店(山形県)、いわき平店(福島県)、郡山桑野店(福島県)、岡山大安寺店(岡山県)、松山店(愛媛県)の6店舗において、12月2日から順次運用を開始する。

デジタル・ラボのご案内イメージ(洋服の青山 岡山大安寺店)

「デジタル・ラボ」は店内に設置されたデジタルサイネージやタブレット端末を使い、オンラインショップで商品を購入できる店舗形態。スーツを試着して素材や着心地を確認し、スタッフによる採寸を行なった後、オンラインで注文できる。

1000万品目以上の在庫の中から商品を選ぶことが可能。また、約800か所ある「洋服の青山」の店舗の在庫を確認することもできる。

2016年に秋葉原電気街口店(東京)に導入したことを皮切りに、これまで主に都市部の狭小店(売り場面積100坪未満)の店舗に導入してきた。

今回、地方郊外で売り場面積200坪以上の大型店に初めて導入する。スーツ売り場の一部を縮小し、ジャケットやカジュアル商品の売り場を拡充するほか、今後はオーダースーツブランドなどのコーナーの設置も検討しているという。

「デジタル・ラボ」の導入店舗数は合計29店舗になる。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:青山商事がネットと実店舗の融合を進める「デジタル・ラボ」を地方郊外店に導入
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

渡部 和章
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]