改良版 URL 管理システム: 7 月 1 日に自動アップグレードが始まります | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2015年6月24日(水) 12:00
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「改良版 URL 管理システム: 7 月 1 日に自動アップグレードが始まります」 からご覧ください。
Posted by Leo Sei - Google AdWords 担当プロダクト マネージャー

今年 2 月に発表された改良版 URL 管理システムは、パラメータやリダイレクトを含む URL を、より簡単に管理するための機能です。

これに伴って最終ページ URL 欄とトラッキング テンプレート欄が新設され、これまで 1 か所(リンク先 URL 欄)で管理していたランディング ページとトラッキング情報を、別々に管理できるようになりました。

この改良版 URL 管理システムへの自動アップグレード開始まで、残り 1 週間となりました。7 月 1 日以降、皆様のアカウントは、新システムに順次移行されます。既に URL のアップグレードが完了している場合、及び手動でのアップグレードが不要な場合は、このまま自動アップグレードをお待ちください。URL の手動アップグレードが必要な場合は、下記をご確認の上、お早めのご対応をお願いいたします。




2015 年 7 月 1 日以降に変わること
  1. リンク先 URL 欄の廃止: リンク先 URL は編集、作成できなくなります。新しく URL を追加する際は、改良版 URL 管理システムの各欄をご利用ください。
  2. 自動アップグレード: 別のドメインにリダイレクトする URL* が含まれていない広告グループについては、自動アップグレードが行われ、リンク先 URL が自動的に最終ページ URL に置き換わります。アップグレードされていない広告グループについては、AdWords の管理画面でお知らせが表示されます。
  3. アップグレードされていない広告の掲載停止: リンク先 URL がアップグレードされていない広告については、数か月後に掲載が完全に停止されます。この場合は、30 日前にメールでその旨が通知され、管理画面にもお知らせが表示されます。

  4. * 詳しくは、以下の「よくある質問」の 2 つ目および 3 つ目をご覧ください。


よくある質問

Q: URL トラッキングを使用していない場合や、自動タグ設定のみ使用している場合にもアップグレードを行う必要がありますか?
A: 手動でアップグレードを行う必要はありません。7 月 1 日以降の自動アップグレードの際に、リンク先 URL が自動的に最終ページ URL に置き換わります。なお、自動アップグレードでは広告の掲載結果はリセットされず、広告の再審査も不要です。

Q: 自動アップグレードの対象とならない URL は、どのような URL ですか?

A: 下記を含む URL は、自動アップグレードの対象とはなりません。広告の掲載が停止されないよう、手動でのアップグレードをお願いいたします。
  • 第三者計測ツールなどによる別のドメインへのリダイレクト、最終的な URL や表示 URL とドメインが異なるリンク先 URL(クロスドメイン URL)
  • {copy} ValueTrack パラメータ
  • {} を使用したトラッキング パラメータ(AdWords ValueTrack パラメータ以外のもの)


Q: 別のドメインへのリダイレクトを含む URL のアップグレード方法を教えてください。
A: アップグレード ガイドで、「グループ 3」の説明(「基本」および「アドバンス」)をご覧ください。

なお、一時停止中の URL と有効な URL のどちらについても、アップグレードが必要です。サポートが必要な場合は、サードパーティのツール プロバイダにお問い合わせください。

Q: アップグレードに伴う掲載結果データのリセットや、広告の再審査について教えてください。

A: ご利用のリンク先 URL を、同一階層(広告、キーワードなど)内の「最終ページ URL」と「トラッキング テンプレート」にそのまま分割する場合は、掲載結果のリセットや再審査を伴わないアップグレードが可能です。

掲載結果のリセットや、広告の再審査を伴わないもの:

※ただし、アップグレード後に広告、キーワード、サイトリンク単位でトラッキング テンプレートを編集した場合は、再審査の対象となります。より上位階層でのトラッキング テンプレートなど、改良版 URL 管理システムのメリットを最大限に活用いただくには、下記の方法をご検討ください。

一方、アップグレード前の広告とアップグレード後の広告が「別の広告」とみなされる場合は、再審査が必要となり、掲載結果データもリセットされます。

掲載結果のリセットや、広告の再審査を伴うもの:

  • アドバンスのアップグレード(広告単位のリンク先 URL に含まれていたパラメータを、より上位の階層のトラッキング テンプレートで置き換える場合など。)
  • 新しい ValueTrack パラメータを追加する場合など、アップグレード前とアップグレード後で、ランディング ページの URL やトラッキング情報が異なっているケース

※アップグレード後に共有のトラッキング テンプレート(アカウント、キャンペーン、広告グループ単位のトラッキング テンプレート)に変更を加えても、広告の掲載結果はリセットされません。
※「削除済み」の広告をレポートに表示するよう設定することで、過去の掲載結果データも引き続きご覧いただけます。

Q: 動的トラッキングを利用している場合は、どのように対応すれば良いですか?
A:基本のアップグレード方法をご参照の上、7 月 1 日までに手動でアップグレードしてください。詳細

アップグレードの参考情報

URL のアップグレードについて不明点がございましたら、AdWords サポート窓口までお問い合わせいただくか、AdWords コミュニティの専用スレッドよりご質問を投稿してください。



メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]