AdWords API v201409 リリースのお知らせ | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2014年11月4日(火) 09:00
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「AdWords API v201409 リリースのお知らせ」 からご覧ください。
Posted by Danial Klimkin - AdWords API Team

先日公開された AdWords API v201409 の変更点についてご紹介します。
(特に注がない限り、リンク先は英語ページです。)

  • 「モバイル アプリのインストール」キャンペーン: 検索/ディスプレイ ネットワークの「モバイル アプリのインストール」キャンペーンに対応した subtype が CampaignService から利用できるようになりました。この新しい subtype を使うことにより、モバイル アプリのプロモーションに特化したキャンペーンを簡単に作ることができます。

  • 広告カスタマイザ: これまで、広告カスタマイザ(日本語ページ)テスト アカウントのみでしかご利用になれませんでしたが、通常アカウントでもご利用できるようになりました。

  • コンバージョン値の通貨が指定可能に: コンバージョン トラッキング(オフラインのコンバージョン トラッキングを含む)を利用時に通貨を指定(日本語ページ)できるようになりました。コンバージョン トラッカーごとに、デフォルトの通貨を指定することも可能になりました。

  • ウェブサイトからの通話をトラッキング: このコンバージョン トラッキングを使うことにより、ウェブサイト上にある、スクリプトによって生成された電話番号から発生した通話をトラッキングできるようになります。 (アメリカ、オーストラリア、フランス、ドイツ、スペイン、イギリスでのみ利用可能)

  • ルールに基づくリマーケティング リスト: この新しいバージョンの API では、ルールに基づくリマーケティング リストの作成、管理を行うことができるようになりました。この機能を使って簡単なルールを作ることにより、よりよいリマーケティング リストを作成することができます。

  • ラベル機能の改善: LabelIds がすべての、関係するレポートで使用できるようになりました。また、Criteria Performance report にも、Label と LabelIds が追加されました。

  • レポート機能の更新: 広告表示オプションに関する一貫したデータを取得するために、Extension Placeholder report が追加されました。レポート機能に、ヘッダー行、フッター行の有無をコントロールするためのオプションが追加されました

また、v201409 では API 全体に関する変更があります。このバージョンから、CustomerService 以外のすべてのサービス呼び出し時に、clientCustomerId ヘッダーが必須となります。

もし、皆様のアプリケーションが認証によって決まるデフォルトのアカウントに依存しているようであれば、すべてのリクエストで Customer ID を送信するように修正を加える必要があります。Customer ID は CustomerService の get メソッドで取得が可能です。

新しい AdWords API のバージョンをお使いの際には、リリースノート(日本語)v201409 移行ガイドにあります、すべての変更点をよくご確認ください。本バージョンのリリースにともない、必須機能の要件(日本語)も更新されておりますのでご確認ください。

移行に関してご質問などございましたら、開発者フォーラムまたは Ads Developers Plus Page(いずれも英語)までお寄せください。
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]