ソフトバンクなどがインドネシアのEC企業に出資、筆頭株主のBEENOSは一部株式を譲渡へ | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2014年10月27日(月) 15:25
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ソフトバンクなどがインドネシアのEC企業に出資、筆頭株主のBEENOSは一部株式を譲渡へ | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム」 からご覧ください。
BEENOS(旧ネットプライスドットコム)も2012年に出資しており、今回一部株式を譲渡し、約4億円の譲渡益を計上する

ソフトバンクは10月22日、米国子会社SoftBank Internet and Media(SIMI)や米国のベンチャーキャピタルなどと共同で、インドネシア最大級のECマーケットプレイスを運営する「PT Tokopedia (以下「PTトコペディア」に約107億円(1米ドル=107円で換算)を出資すると発表した。PTトコペディアは、BEENOS(旧ネットプライスドットコム)が2012年に出資しているインドネシアの有力EC企業。ソフトバンクはアジアのインターネット市場で攻勢をかける狙い。

SIMIやセコイア・キャピタル、「PTトコペディア」の既存株主でもあるソフトバンクのファンド「SB Pan Asia Fund」などが第三者割当増資に応じ、2014年12月中旬に出資する。

「PTトコペディア」は2009年8月に設立。インドネシアで簡単に出店・出品できるECマーケットプレイスを提供し、急速に成長しているという。

インドネシア最大級のECマーケットプレイス「PTトコペディア」のイメージ

2012年には、BEENOS(旧ネットプライスドットコム)が出資。筆頭株主兼戦略パートナーとして事業拡大、経営をサポートしてきた。今回のソフトバンクなどによる大型資金調達に関し、BEENOSは「PTトコペディア」株式の一部を譲渡。約4億円の譲渡益が発生する見通し。

売却後もBEENOSは主要株主として「PTトコペディア」の事業に関与する。ソフトバンクなどとの連携で、インドネシア市場NO.1のオンラインマーケットプライスのポジションを確立するとしている。

ソフトバンクのバイスチェアマン、SIMIのCEOであるニケシュ・アローラ氏は、「ソフトバンクグループが持つさまざまなインターネット事業とのシナジーでさらに同社の成長をサポートできると信じている」とコメントしている。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:ソフトバンクなどがインドネシアのEC企業に出資、筆頭株主のBEENOSは一部株式を譲渡へ | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

関連リンク: 
瀧川 正実
ネットショップ担当者フォーラム編集部 デスク

通販、ECに関する業界新聞の編集記者を経て、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、EC業界に関わること約8年。まだまだ、日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
関連語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]