「ウェブサイトのマルチスクリーン対応」に関するサイトのご紹介 | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2014年9月30日(火) 11:16
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「「ウェブサイトのマルチスクリーン対応」に関するサイトのご紹介」 からご覧ください。
Posted by Nabil Haschemie, Product Marketing Manager, Mobile Ads

http://www.google.co.jp/think/multiscreen/

ユーザーは常にネットに接続し、複数のデバイスを使って、友達とのコミュニケーション・買い物・ゲームなどを楽しんでいます。そしてスマートフォンやタブレット、PC からテレビまで、あらゆるスクリーンを快適に楽しめることを望んでいます。

あらゆるスクリーンで快適に操作できるウェブサイトであれば、ユーザーとの接点を広げ、コンバージョンを増やすことができます。このたび Google では、マルチスクリーン対応のガイドとなるホワイトベーパーや成功事例を掲載した「ウェブサイトのマルチスクリーン対応」サイトを公開しました。
http://www.google.co.jp/think/multiscreen/

マルチスクリーン社会で成功するためには、どのデバイスでも簡単に情報を見つけ、アクセスできる優れたユーザー エクスペリエンスを実現し、ユーザーのニーズに応えることが重要です。今回のホワイトペーパーでは、下記についてまとめておりますのでご活用ください。

  • マルチスクリーンへの対応策とウェブサイト制作における様々な施策のご紹介
    • Google では今回 AnswerLab 社と協力し、ユーザーがどのようにモバイルサイトを利用しているかを知るための調査を実施しました。調査結果をベースに、お客様を楽しませ、コンバージョンを促すモバイルサイト設計の 25 の指針をまとめております。
  • ウェブサイトの読み込み速度を測るテストサイトや、優れたユーザー エクスペリエンスの事例集
  • マルチスクリーン対応をサポートするパートナー企業のリスト
    • 御社サイトのマルチ デバイス最適化をサポートする Google 推奨ベンダーをご覧いただけます。
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]